「シャーベットカラー」と「パステルカラー」の違いって?微妙に異なる差を解説

[記事公開日]2020.6.04

2020年の夏のトレンドはシャーベットカラーと言われていますね!あのアイシーなニュアンスカラーがとってもツボです♡

シャーベットカラーとパステルカラーの違いとは?

流行の色で雑誌でも度々見かけますが、どんな色をそれぞれ指すのでしょうか。パステルカラーはパステルで使われるような中間の色を指しています。シャーベットカラーとは、ひんやりしていて明るめの淡い色、を指します。どちらも原色とは異なり、高彩度の色ではなく、白を混ぜたような淡い色。シャーベットカラーという表現は、少し黒を混ぜて、くすみがかったような色味に対して用いられます。

シャーベットカラーが似合うのはこんな人

色のチョイスで誰にでも似合うのが、くすんだ色合いのシャーベットカラーのいいところ♡特にソフトな色合いを持った、パーソナルカラーでいうとサマータイプの方に似合うそうです。サマータイプの特徴は肌がきめ細かく、頰がうっすらとピンク色。髪は赤茶がかっていて、瞳の色はソフトな黒色の方が、サマータイプに該当します。少しグレーがかった穏やかな色を選ぶといいでしょう。また、凛とした雰囲気を持つウィンタータイプには、パキッとした差し色を使ってコーディネートをすることで、シャーベットカラーを使いこなせますよ!

パステルカラーが似合うのはこんな人

パステルカラーが似合うのはスプリングタイプや、サマータイプと言われています。瞳が茶色くキラキラしているスプリングタイプには、パステルイエローグリーンや、ピーチなどやや黄色味の入ったカラーがよく似合います。高彩度の色とパステルカラーの組み合わせは、可憐で親しみやすく健康的な印象にも♡サマータイプにはやはり涼やかな、パウダーブルーやライトレモンイエローなどの色が似合いますよ!

だけどやっぱり「好き」がいちばん!

パーソナルカラーごとに似合うカラーを紹介しましたが、なりたい印象やイメージにあったカラーを取り入れることや、「好き」に勝るお似合いカラーはないと思います。やはり「好き」こそ、自分にパワーチャージしてくれる最大のちから!今回オータムタイプは該当しませんでしたが、「好き」なカラーを取り入れましょう。自分に似合うカラーをアレンジして、おしゃれをいちばん楽しむ女子を目指してくださいね!

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

ちゃんと知ってる?「デニム」と「ジーンズ」の違いとは

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事