テーブルマナー

社会人のテーブルマナーまとめ!知っておきたい食事のマナーを紹介

[記事公開日]2020.5.28
[最終更新日]2020.6.05

社会人になると、上司など目上の人とお食事をすることも増えますよね。そんなとき、テーブルマナーはしっかりと守れていますか?小さなことでも周りをよく見ている上司は気づくもの。今回は社会人なら身に付けておきたいテーブルマナーをチェックします♪

社会人のテーブルマナー、大丈夫?

社会人として、最低限のテーブルマナーを身に付けておくことで、相手に失礼なことをする心配が減り楽しく食べられますよね。もちろんおいしく食べるということが大切なので、マナーは気にしないという方もいるかもしれません。しかし、マナーを身に付けたうえで気にせずいただくのと、身についていないのに気にせずいただくのでは全く異なります。周りにも気を配れるようになるためにも基本のテーブルマナーを身に付けておきましょう♪

乾杯は上司より高い位置は失礼

上司や同僚との打ちあげなどでは乾杯をすることも良くありますよね。そんなとき、乾杯の高さを気にしていますか?グラスの高さは、身分の高さを表しています。なので上司など自分より目上の人のグラスより高い位置からの乾杯は失礼に。グラスのふちより少し低い位置に触れるようにしましょう。

カラトリーはどこから使う?

コース料理などをいただくときは、たくさんのフォークやナイフが並んでいますよね。そのナイフとフォーク、どこから使いますか?実は、外側から使うのが正しいマナーです。落としてしまったときなどは、自分で拾わずウェイターの方が拾うのを待ちましょう。さらに、上司などに向かってナイフやフォークの先を向けるのはNGです!

袖越しはNG

袖越しを知らないという方もいるかもしれませんが、袖越しとは左側にあるお料理を右手で取ったりするなど、あえて遠いほうの手を使ってお料理をとる行為です。これは、洋服の袖がお料理に触れてしまうなど、衛生的にも良くないので気を付けましょう。

スープは奥に動かしてすくう

スープをいただくときは、お皿を抱えて自分のほうにすくって飲んでいませんか?実は、それはNGマナーです。目上の人を前にしているときはお皿の底を見せるのは失礼なこと。そのためスープをいただくときは、お皿を手前側に倒し奥に向かってスプーンを使います。あと少しでなくなりそう!なんてときは自分のほうに倒して飲みたくなりますが、我慢してください!

基本的なテーブルマナーを身に付けよう♪

社会人としてテーブルマナーを身に付けていないと、失礼なことをして信用をなくしてしまっては大変。そんなことにならないように、最低限のマナーは頭に入れておけるといいですよ♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事