《あぶらとり紙のOK・NGな使い方》正しく使えば毛穴&ニキビにも効果的

汗&皮脂を簡単に取り除けるあぶらとり紙。「肌によくない」「乾燥しやすくなる」といったデメリットも広がっていますが、実は正しい使い方をすれば、肌にとって嬉しい効果がたくさん!今回はついやりがちなNGの使い方と合わせて、正しい使い方をご紹介♡

あぶらとり紙=肌によくないって勘違いしてない?

顔のテカリの原因となる皮脂を簡単に取り除くことができる「あぶらとり紙」。メイク直しの際などに、使用している人も多いですよね。

女性があぶらとり紙を複数枚持っている

あぶらとり紙というと「肌によくない」「皮脂をとりすぎる」など言われることも多いですが、正しい使い方をすれば肌に嬉しい効果がたくさんあるんです。

 

 

こんな使い方をするとデメリットに!

まずはみなさん、自分のあぶらとり紙の使い方をチェック。次の3つのような使い方をすると、かえって肌に負担を与えている可能性も…!「肌にいい効果は感じない」という人は、一度使い方を見直してみましょう。

 

 

①一度に何枚も使い皮脂をとりすぎる

あぶらとり紙が何枚か散らばっている

テカリが気になるからといって、あぶらとり紙を一度に何枚も使いすぎていないですか?吸収する皮脂がなくなるほど、使っているという人は要注意。皮脂は肌表面が乾燥すると、「潤いが足りない」とさらに過剰分泌します。よかれと思ってしているあぶらとり紙の使いすぎがかえって、テカリを引き起こしている可能性も高いんです!

 

 

②肌に押しつけてゴシゴシとこする

女性があぶらとり紙をおでこに使っている

あぶらとり紙を肌に強く押しつけて、ゴシゴシとするのもNG。その摩擦が肌の刺激となり、乾燥やかぶれ、赤みといった肌トラブルを引き起こす可能性もあるんです。こするとメイクもヨレてしまうので、その分お直しも大変に…。皮脂と合わせてメイクも落としてしまっているんです。

 

 

③肌に叩きつけて使っている

女性があぶらとり紙を頬に使っている

パンパンとあぶらとり紙を肌に叩きつけるのも負担に。これも②と同様、肌の刺激となりトラブルの元になってしまうこともいんです。力を入れれば皮脂が取れるというわけではないので、肌を傷つける使い方は避けるのがベター。

この記事もチェック

 

 

 

あぶらとり紙を使えば肌に嬉しい効果が盛りだくさん!

このように誤った使い方をした上で、「肌によくない」といったようなデメリットが広がっているんですが、あぶらとり紙には本来嬉しい効果が盛りだくさん。テカリをおさえる以外に、こんな効果も期待できちゃうんです♡

 

 

①黒ずみや広がりといった毛穴悩みを解消できる

毛穴の黒ずみや広がりといった悩みは、毛穴に残った”皮脂”が酸化することが原因。その皮脂は液状の成分と、一部がロウのような個体で構成されていて、この個体部分はお肌を守るために肌表面を覆っている、いわば必要な皮脂なんです。

女性があぶらとり紙を小鼻に使っている

あぶらとり紙は個体の皮脂はそのままに、液状の皮脂のみを取り除いてくれるので、実は肌にとってすごくいいアイテム。こまめに使用することで、毛穴悩みの解消に一役買ってくれるんです。

 

 

②不要な皮脂を落とすことでニキビ対策にも繋がる

液状の皮脂が酸化すると刺激物となり、ニキビの原因となることも。実際に夏場、汗を多くかく時期は、ニキビもできやすくなりますよね。

女性があぶらとり紙を頬に使っている

皮脂の分泌によるニキビを防ぐためにも、あぶらとり紙をしっかり常備。最近ではティッシュで皮脂をとる人も多いのですが、ティッシュの繊維が肌に残り刺激になってしまったり、それによりメイクヨレの原因に繋がることもあるのだとか!皮脂ケアにはやはり専用に作られたあぶらとり紙が、一番適しているんです。

 

 

 

裏表両方使うのは正解?あぶらとり紙の正しい使い方

ここからは改めて知っておきたい、あぶらとり紙の正しい使い方をおさらい。効果だけでなく、こちらもしっかりチェックしておきましょう!

 

 

①皮脂が気になる場所にあぶらとり紙をあてる

女性の顔を使って、あぶらとり紙を使う場所を説明している

まずはあぶらとり紙を手に取り、おでこ・鼻・あごといった皮脂が気になる場所にあてます。眉毛や目元も皮脂をオフすることでメイクノリが変わりますよ。乾燥しやすい頬は、ベタつきが気になる場合のみ使用するように。使う枚数は1度に1枚ずつ。叩きつけず優しくあてて、肌に刺激を与えないよう注意しましょう。

 

 

②指で優しく押さえ、不要な皮脂を取り除く

女性があぶらとり紙を小鼻に使っている

あぶらとり紙を肌にあてたら、指で優しく押さえ、不要な皮脂を取り除きます。このとき決して力は入れず、そっと肌に当てるイメージで。あぶらとり紙が皮脂を吸ったら、新しいあぶらとり紙を用意。使いすぎは乾燥を引き起こす原因に繋がるので、1箇所につき1〜2枚程度でとどめておくのがおすすめです。

 

 

〈Point〉裏表はしっかりチェック!ザラザラした面をあてる

女性があぶらとり紙を複数枚持っている

あぶらとり紙を使う際にチェックしてほしいのが、裏表があるかどうか。「裏表なんてあるの?」と思う人も多そうですが、商品によってはきちんと存在するんです。つるっとした面とザラッとした面がある場合は、ザラザラした方を顔にあてるのが正解。正しく使うことで、少ない枚数でも不要な皮脂をしっかり吸ってくれるんです。

 

裏表同じ質感の場合は、どちらを顔にあててもOK。購入後、はじめて使う場合には、このポイントも気をつけるようにしましょうね。

 

 

 

あぶらとり紙を正しく使って、手軽に皮脂ケアしましょう

あぶらとり紙が何枚か散らばっている

「肌によくない」「乾燥しやすくなる」と思われがちなあぶらとり紙も、正しい使い方をすればお肌の味方になること間違いなし。その後のメイクのりも変わってくるので、効果と合わせてしっかり押さえておきましょう♡

[記事公開日]2019.8.07 [最終更新日]2019.8.30

NEW POST

ビューティーの新着記事

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ビューティーのランキング