なぜ美を求める男性が増えているのか?メンズ美容事情について調査!

男性専用のエステやコスメが登場するなど、近年盛り上がりを見せているメンズ美容。美=女性が追求するものという時代はもう終わり。「美しくなりたい」と日々のスキンケアに力を入れている男性が急増しているんです!今回は美容男子3名にお話しを伺い、美を求める理由について探ってみましたよ。

【研究テーマ】なぜ美を求める男性が増えているのか?

↑男性もエステをする時代!メンズ専用エステサロン「MEN’S TBC」の施術風景

男性専用のサロンが登場したり、人気デパコスブランドからメンズラインが発売されたり…。近年、さらに盛り上がりを見せているメンズ美容。仕事のため?モテるため?彼らが美を求める理由は一体何なのか?

 

今回は男性の美容をテーマに、その実情を探ってみました!

 

 

 

【研究①】どういう人が美容に興味を持っているの?

気になるのはどんな男性が美を求めているのか?だって、周りを見渡してみても、美容に力を入れている男性って正直少ないですよね?「まずはそのあたりを深掘りしてみよう」ということで、今回はメンズ専用エステサロンや、メンズラインを展開しているコスメ&スキンケアブランドにお話しを伺ってみましたよ。

 

Q1.どういう男性が美を求めていますか?

「年齢でいうと20〜30代。周囲からの見え方や自分自身の印象を整えるために自ら雑誌やネットを見て、化粧品を購入しているような美に前向きな方が多い印象です。(オルビスPR)」

 

↑LUOMOは男性専用のコスメブランド (左から)ルオモ アイブロウペンシル 各色1,200円、アイブロウ マスカラ 各色1,000円、マットキープBBクリーム 1,600円、ナチュラルBBジェル 1,600円/KISSME P.N.Y.(伊勢半)

「ターゲットは20代の男性ですが、実際は30〜40代の男性にもご購入いただいています。ユーザーさまが最も多い地域はやはり首都圏ですが、ECサイトも行っているため、全国にファンがいらっしゃいます。ルオモは美容の中でもメイクに力を入れているので、美容感度が高い男性が多いです。(伊勢半 PR)」

 

↑都内にも多く店舗を構えるメンズ専用エステサロン「MEN’S TBC」

「メンズエステというとハードルが高いと感じる人も多そうですが、実は学生から社会人の方まで多くの方にご利用いただいています。大人の身だしなみや自分磨き、またリラックスするためなど、様々な目的でご来店いただいています(MEN’S TBC PR)」

 

お話しを聞いて驚いたのは、「自分磨き」や「周囲からの見え方」など、意外と女性と感覚が似ているところ。「大人の身だしなみとして」など、社会人ならではの理由も潜んでいるようです。

 

 

Q2.ズバリ、今後のメンズ美容はどうなる!?

「国内においてはここ数年で、市場やメディアのみなさんが持つメンズスキンケアに対するハードルが下がってきており、それに応じて様々なブランドが登場しています。そういった動きから見ても、今後より一層大きな市場になると考えています。(BULK HOMME PR)」

 

↑男性の肌に寄り添ったアイテムが多数 (左から)THE FACE WASH〈100g〉2,000円、THE TONER〈200ml〉3,000円/BULK HOMME ミスター フェイシャルクレンザー〈110g〉1,300円、ミスター スキンジェルローション〈150ml〉1,600円/オルビス株式会社

「近年メンズのメイクが注目を集めたり、男性の美容意識はますます高まると考えていますし、男性が化粧品を使うことへのハードルはどんどん低くなっていくのではないかと思います。だからこそ今後、男性美容意識はより拡大し、さらにきれいになりたいと思う男性に向けたスキンケアやメイクのラインナップが拡大していくと考えています。(オルビスPR)」

 

この質問に関しては、答えていただいた全てのブランドが「美容意識は拡大する」と回答。今でこそ珍しさはありますが、女性の間で以前は”なし”と思っていた「赤リップ」や「太眉」などのメイクが浸透してくるように、男性の美容も徐々に当たり前になるのかも?

 

 

 

【研究②】女性より意識高め?美容男子の実態

ここからは実際に美容に力を入れている男子3名に取材し、実態を解明。「月にいくら美容代を使ってる?」「こだわりのスキンケアはある?」など、気になる疑問をまるっとぶつけてみましたよ!

 

 

ホスト系美容男子!高橋実(27)

まずは現在ホスト、以前はMen’s eggやZORAでモデルをしていた「高橋実」くんにインタビュー!「美容に目覚めたのは17歳」と意識高めな様子。こだわりのケア方法など、詳しく聞いちゃいましょう。

Q1.美容に目覚めたのはいつ?

「多分17歳ぐらい。モデルになって見られるお仕事をしてから意識しはじめました!」

 

Q2.なぜ美を追求するの?

「男って歳とってくると”汚い”ってすぐに思われるから。最低限の身だしなみとして、しっかり美容に時間を使おうかなって。」

 

Q3.1ヶ月にかける美容代は?

「大体1万円くらい?化粧水や乳液とかのスキンケアアイテムを購入したり、脱毛に行ったりするとなんだかんだそれくらいになります。」

 

Q4.スキンケア選びのポイントを教えて!

「使ってみていいなと思ったやつとリピートする感じです。”自分の肌に合うか”とか、そのあたりは女性と感覚は一緒ですよ。」

 

Q5.こだわりのスキンケアは?

「朝晩欠かさずパックしてます!おかげで大きな肌トラブルもなく、肌はきれいな方です!」

 

Q6.たまにやってるスペシャルケアはある?

「たまに顔のエステ。あと脱毛にも行ってますね。脱毛は毛がムレるし、邪魔だし、見た目も汚いから(笑)。VIOも含む全身をやってます。美容に気を使うと若くみられることも多いし、あと…モテますね(笑)。」

 

 

美肌系美容男子!だいすけ(26)

美容男子2人目は、ひときわ肌がきれいな「ちゃんD」。こんな甘いフェイスだけど、実はお店をいくつか経営している超やり手。お話しを聞いていると、女性以上に高い美意識が明らかに…!?

Q1.美容に目覚めたのはいつ?

「18歳頃からですかね?仕事柄、人と会う機会が増えたので、自然と意識するようになりました。」

 

Q2.なぜ美を追求するの?

「ん〜、やっぱり人と会う機会が多いから最低限の身だしなみとして?あと30歳になったときに、年齢を言ってびっくりして欲しくて(笑)。」

 

Q3.1ヶ月にかける美容代は?

「大体3万円くらいですかね?美容鍼に25,000円、スキンケアアイテムの購入に5,000円。美容鍼は月に1回、代官山のお店まで行ってます!」

 

Q4.スキンケア選びのポイントを教えて!

「とりあえず買ってみて試してみます!”肌に合うな〜”と思ったらリピートするし、合わなかったらまた違うのを試したりとか。スキンケアって実際に使ってみないと分からないこと多いですよね。」

 

Q5.こだわりのスキンケアは?

「韓国で購入した唇のパック。使いはじめてから唇も乾燥しなくなったし、ハリもアップした気が…!もっとまとめて購入してけばよかったです!」

 

Q6.たまにやってるスペシャルケアはある?

「さっき言った美容鍼くらいですかね?でも今後は歯を全部セラミックにしたいし、バッカルファット、エステでのリフトアップ、あと本気のダイエットにも挑戦したい(笑)!かっこいい30歳を目指して、今後も美を追求していきます。」

 

 

アイテムこだわり系美容男子!たっつー(25)

美容男子3人目は、接客業をしているたっつー。3人の中でも特にスキンケアアイテムに詳しく、そのこだわりは女性の私も驚愕するほど!早速お話しを聞いていきましょう。

Q1.美容に目覚めたのはいつ?

「学生時代です。ニキビなどの肌荒れに悩んでいたのがきっかけではじめて、元々肌も弱いし、乾燥もしやすいので気を使うようになりました。」

 

Q2.なぜ美を追求するの?

「いまは接客業をしていて、お客様に顔を見られることが多いからですかね?初対面だと顔で第1印象が決まることがほとんどなので、少しでも印象をよくしたいと思いケアしてます!」

 

Q3.1ヶ月にかける美容代は?

「大体25,000〜30,000円くらい。ほぼスキンケアアイテムの購入にあてていて、夏場は6,000円の飲む日焼け止めも飲んでいます(笑)!それ以外は、クレンジング4,860円、ウォッシング3,780円、ローション4,860円、クリーム7,020円。周りにいうと結構驚かれますね。」

 

Q4.スキンケア選びのポイントを教えて!

「実際に使ってみて、自分の肌に合う場合はリピートします。」

 

Q5.こだわりのスキンケアは?

「シーズラボのSCシリーズというラインナップを使用しています。クレンジング、ウォッシングには3種のピーリング成分+高濃度のビタミンCが入っているので、洗いながら古い角質が取れて保湿ができます。洗顔後とか肌が突っ張る感じも一切ないです!ローション、クリームも角質よりも深いところを潤してくれて、細胞を修復してくれる成分も入っているのでニキビや乾燥肌にはぴったりだと思います。」

 

Q6.たまにやってるスペシャルケアはある?

「たまに美容鍼をしたり、マッサージは月12回は行くようにしています。身体が疲れていると肌も荒れたりするので、リラックスする時間は作るようにしています。今後も身だしなみのひとつとして、そしてリラックスのひとつとして、美容を生活の中に取り入れていこうと思います!」

 

 

 

【結果】きれいなのは女だから男だからじゃない

今回色々と取材して分かったのは、男性も美に対しては”女性と同じような意識”を持っているということ。「できるかぎりきれいでいたい」「身だしなみを整えたい」と思うのは、男性・女性どちらも共通。むしろ、女性以上に気を使っている人も多く、「私もこのままじゃだめだ!」と改めて気づかされた取材でした。

 

 

 

information

L’UOMO KISSME P.N.Y. (伊勢半) ☎︎03-3262-3123
BULK HOMME ☎︎03-5766-8750
オルビス株式会社 ☎︎0120-010-010
MEN’S TBC ☎︎0120-025-236

 

 

※価格はすべて税抜きです

[記事公開日]2019.8.06 [最終更新日]2019.8.09

NEW POST

ビューティーの新着記事

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ビューティーのランキング