100人のアンケートをもとに紐解く!アラサー女のリアル結婚白書

アラサーになるといきなり気になりだす「結婚」という二文字。みんなは結婚についてどう思っているの?結婚してからのSEXの頻度って?などなど、気になる疑問を解決すべく、lamireユーザーにアンケートを実施。計100人の回答を元に、結婚についてのアレコレをまとめてみました♡

結婚についてどう考えてる?アラサー女の結婚白書

アラサーになるといきなり気になりだす「結婚」という二文字。結婚してる人、してない人、したい人、したくない人…様々だと思いますが、みんなは結婚についてどう考えてる?

 

今回は”アラサー女と結婚”というテーマの元、未婚者64人・既婚者36人の計100人にアンケートを実施。「正直、何歳までに結婚したい?」「結婚後のSEXの頻度は?」などなど、気になるアレコレを徹底的にまとめてみました!

 

 

 

〈未婚女子〉に10の質問!

「今すぐしたい」の回答が多いと思いきや、意外や意外。一番多かったのは「いい人がいたらしたい」という回答。理由を聞くと、「年齢的に考えるけど、無理にする必要はない」という人が多数。「今すぐしたい」と回答した人は、「子どものことを考えるとそろそろ…」という理由でした。中には、「他人の人生は背負えない」と、今は結婚を考えていない人も一定数いましたよ。

 

 


※ここからはQ.1で「結婚したい」と回答した57名のみ回答

一番多かったのは「31〜35歳」。中でも、「32歳」「33歳」という回答が多めでした。「きれいなうちにドレスを着たい」という理由の他に、「出産・子育てを考えたときにこれくらいが妥当」という声も。ただ、「現在は仕事に集中したいので、いずれ落ち着いたらでいい」と考えている人も何人かいました。

 

 

先ほどの「何歳までに結婚したい?」では「31〜35歳」が一番多かったけど…。理想をいうと「30歳までに結婚したかった」という声が多数。「30歳」という年齢をひとつの区切りとしている女性は結構多く、出産・子育てのことを考えたときにも意識する年齢みたい。本当は…ね。

 

 

現在、彼氏がいる人の中には、「そのままゴールインに持ち込みたい!」という人も。「付き合いが長いから」「なんだかんだでこの人だと思う」など、理由は人によって様々。「ない」と回答した人からは、「まだ付き合いが浅い」「お互いもう少し収入が安定してから」といった理由があげられましたよ。いずれ結婚するとしても、「何年か交際機会をもうけたい」という人は、アラサー世代でも多いみたい。

 

 

こちらは「ある」と回答した人がほとんど。「フィーリングが合う」「金銭感覚が合う」などといった回答の他に、「家族を大切にしてくれる」「仕事や家事を助け合える」といった条件もあがりました。中には、「お金を持っている」「高身長&イケメン」と高い理想を抱えている人も…!反対に「ない」と回答した人は、「お互いに譲り合いが大切だから」といった大人な理由があがっていました。

 

 

相手の見た目にはそこまでこだわらないという人が多数。ただ、「子どものことを考えると整っている方がいい」「イケメンじゃなくていいけど清潔感はあってほしい」といった意見が多かったので、「多少はこだわる」というニュアンスが正解かも。少数派の「めちゃくちゃする」と回答した人からは、「好きな顔ならケンカをしても許せるから」といった声が寄せられていました。

 

 

収入も見た目同様、「それなりにする」と回答した人が過半数。「生活する上で困らないくらいはなくちゃ困る」「自分が働けなくなったときに稼げない人だといやだ」など、ここはよりシビアに考えている人が多いみたい。「あまりしない」と回答した人からは、「相手のお金に頼るつもりはない」といったクールな声も。キャリアが確立されてきたアラサー女性らしい結果となりました。

 

 

結婚に対しての不安については、ほとんどの人が「ある」と回答。「一生、相手を好きでいられるか」「仕事と家事を両立できるか」と様々な理由があがりましたが、一番多かったのは「収入面を考えると不安」という声。結婚を考えるとなると、やはりある程度の貯金は必要と考えている人が多いみたい。

 

 

さすがアラサー世代!結婚後の仕事については、「続けたい」という回答が過半数をしめる結果に。「仕事が好きだから続けたい」「結婚しても自立していたい」と前向きな声が多く寄せられました。また、「パートなど形態を変えて続けたい」と回答した人からは、「現在の仕事だと残業が多いから」「仕事と家事を両立できる自信がないから」という理由が。これは自身の仕事や、理想の夫婦像がかなり影響していそうです!

 

 

「めちゃくちゃ感じる」と答える人が多いだろうという予想に反し、「あまり感じない」「全く感じない」と回答した人がほとんど。「他人は他人、自分は自分」「焦っても仕方ない」と意外と冷静に受け止めている人が多い印象でした。

 

反対に「めちゃくちゃ感じる」と回答した人からは、「友達と一緒のタイミングで子育てしたかった」「親に結婚についてうるさく言われる」といった声が。「焦りはしないけどうらやましい」というような回答も一部ありましたよ。

 

 

 

〈既婚女子〉に10の質問!

結婚した年齢は「24歳以下」が多数。ちょうど大学を卒業して2年目くらいに、”第一次結婚ブーム”が訪れたという人が多いみたい。その次は25歳、27歳、28歳とアラサーに差し掛かる20代後半がほとんどでした。

 

 

付き合った年数は半数が「3年以上」という回答!結婚した年齢は24歳以下の人が多かったのですが、勢いでした…というよりは、しっかりと交際期間を経てゴールインした人が多いみたい。ただ、「付き合って半年で結婚した」という人も一定数いるので、やはりこればかりはタイミング?思っていたより交際期間が長いのが印象的でした。

 

 

女子会でもよく話題にあがる、結婚前に同棲するか・しないか問題。結果は同棲せずに結婚したという人が半数しめる結果に。ただ、回答を見てみると、「お互い実家暮らしだったから」「遠距離をしていたから」など、特に大きな理由はなさそう。反対に「同棲した」と回答した人からは、「一緒に生活してみて結婚できるか確かめたかった」「結婚に失敗したくなかったから」などの理由が寄せられましたよ。

 

 

子どもについては、きれいに割れました!「結婚前から子どもが欲しいと思っていた」という人が多数いて、反対に「いない」と答えた人からは、「結婚式・新婚旅行を控えているから」「今はまだ仕事が忙しいから」といった声の他に、「子どもに対する考えが旦那と合わない」なども…。結婚前に出産&子育てについて、お互いの意思を確認しあうことも大切なようです。

 

 

これは安心できる回答結果が多数!「旦那がいつも笑わせてくれる」「イラつくこともあるけど、なんだかんだ毎日笑顔がたえない」「一人で楽しんでいた趣味も好きな人と一緒の方が楽しい」「子どもと一緒にいる時間が何より幸せ」など、ほのぼのとする回答が多く寄せられる嬉しい結果となりました。

 

 

ハッピーな話題の後に水を差すような質問ですが…多かれ少なかれ相手に不満はある模様。多かったものだと、「家事や育児を手伝ってくれない」「飲み会が多い」など、女子会でよく聞く内容。

 

中には、「太っているのがいやだ」「いびきがうざい」「とにかく調子にのっている」といった、その夫婦ならでは(?)の不満も寄せられましたよ。この回答欄がなかなかの盛り上がりで、個人的にはそれが結構おもしろかったです(笑)。

 

 

ほとんどの人が「ある」と回答するかと思いきや…、実は「ない」と回答した人が過半数。「付かず離れずの距離をたもってくれるので楽」「旦那より子どもの面倒を見てくれる」といった声が多く、”激しい嫁・姑問題って実際はそんなにないの…?”と思ってしまいました。反対に「ある」と回答した人は、義両親との性格の不一致について不満を感じている人が多いようです。

 

 

生活環境については、ほとんどの人が「変わった」と回答。「一緒に住むことになり引っ越した」「忙しい仕事だったので退職し、今はパートで勤めている」という人が多かったです。中には、「実家住まいだったのではじめての家事に苦戦した」なんて声も!結婚するとなったら、多少の環境の変化は受け入れる必要がありそう。

 

 

結婚するにあたり「レスになるのでは?」と不安を感じている人も多いSEX問題。ですが、結果を見てみると……?「1ヶ月に2〜3回」と答える人が過半数。「結婚当初よりは減ったけど求められればする」「子どもが欲しいので定期的にする」「頻度については付き合っている頃と変わらない」といった声が多く寄せられました。

 

一方で、中には「旦那に疲れていると拒否される」「子どもができてからはあまりしていない」などレスに悩む声もちらほら。この問題、やはり夫婦によってかなり違いがあるようです。

 

 

知り合った場所については、「職場」「学校」で過半数をしめる結果に。「学校」については、「先輩・後輩関係だった」「サークル仲間だった」という人がほとんどでしたが、中には「中学時代からお互い好きで…」や「ずっと気になっていた人と10年ぶりに再会して…」など、こちらが照れくさくなるようなエピソードも。「マッチングアプリ」と答えた人がいるのも現代ならでは。最近では、「あまり抵抗がない」という人も多いようです!

 

 

 

 

あなたにとって、結婚とは?

アラサーでも意外と結婚に焦っていなかったり、結婚に満足している人が多かったり…。新しい発見がたくさんあった今回のアンケート。みんなも回答者になったつもりで、「自分にとって結婚とは?」をもう一度考えてみましょう。

[記事公開日]2019.6.01 [最終更新日]2019.6.03

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS