あの頃使ってた懐かし文房具を振り返り♡みんなは何を使ってた?

平成も残るところあとわずか。平成を生きていたアラサー世代にとっては、嬉しいような切ないような…。「あの頃あんなことしてたな〜」と懐かしい思い出に浸ることも多くなりますよね。ここではそんな思い出の中から、学生時代使っていた文房具にスポットをあててあの時代をプレイバック!「今はどうなっているのか?」も合わせてリサーチしちゃいました♡

使ってたわ〜。懐かしの文房具を振り返り

懐かしい小・中・高校生時代。私たちの側に常にあったものといえば、そう文房具ですよね。いまファッションやメイクにこだわりがあるように、あの頃はペンケースにこだわりを詰めていたと思うんです。

 

平成の終わりにそんな懐かしの文房具を振り返るのもいいんじゃない?ということで、今回はアラサー女子がざわつくアイテムをいくつか集めてみましたよ。「現在はどうなっているのか」もリサーチしたので、こちらもぜひお楽しみに♡

 

 

 

小学生デビューはこれと一緒に!「マチック筆入」

ランドセルに横向きに入る コンパクトふでいれヨコビタ リカーモ(ライトバイオレット) 1,800円/サンスター文具

小学校低学年時の筆箱といえば、この「マチック筆入」。入学前、これを買ってもらった時は本当にワクワクしましたよね。持っているデザインもみんな違っていて、キティちゃんだったり、ディズニーキャラクターだったり。「クラスの女子、みんな持ってるの違うんじゃない?」ってくらい、本当に種類豊富だった〜!

 

そうそう、中には鉛筆や消しゴム、ペンを入れて、裏側には三角定規をON。文房具メーカー「サンスター文具」の広報の方の話しによると、15〜20年ほど前からほぼ機能は変わっていなくて、私たちが使っていたような筆箱を今の小学生も普通に使っているんですって♡最近はこちらのライトバイオレットの筆箱のように、シンプルで持ち運びやすいコンパクトなサイズ感のものも多く発売されているそうですよ。

 

 

 

プリクラベタベタ貼ったよね?「メタリック缶ペンケース」

平メタリックカンペンケース 280円/ステッドファスト株式会社

時代は中学・高校時代。さすがにソフトペンケースから卒業した私たちは、今度はこの「メタリック缶ペンケース」、通称「缶ペン」に夢中になるんです!もう持ってない子はいなかったって断言できるくらい、本当にクラスの2/3は持ってた気がする…。シルバーや赤の他に、ブルーやブラックなんかもあって、友達と色違いで買ったりもしてたな〜(笑)。

 

蓋の裏部分には友達や彼氏とのプリクラをベタベタ貼りまくったり、友達の中には「仲仔」なんて言葉と一緒に親友の名前を書いてる子もいた!授業中机から落とすと「ガシャーン!!!」ととんでもない音がして、クラス中のみんなの視線が痛かった…。

 

3段メタリックカンペンケース 380円(廃盤のため販売終了)/ステッドファスト株式会社

シンプルな缶ペンと一緒に流行ったのがこちらの3段タイプ。もうこのコロンとしたフォルムがかわいすぎて、文房具好きだった私はすぐさま買い換えた記憶が…いま見ても心がざわついちゃうくらい、私の青春時代はこの筆箱が常に側にありました。

 

そうそう、3段タイプだから文房具もたっぷり入れてたな〜。正直3段目に入れてたものはほぼ活用しなかったけど…(笑)、これにぎっしり詰めることにとにかく必死だった。今もシンプルな缶ペンは中・高生を中心に人気があるようですが、こちらの3段タイプは廃盤に。メーカーの方にお話しを伺ったところ、5〜6年前に販売を終了したとのことでした。(寂しい…)

 

 

 

ペンケースに大量に入れてた!「カラーペン」

これでもかってくらい集めてた「カラーペン」。ラメペンや香りつきペン、蛍光ペンやマーブルペン…。筆箱に入りきらなくなるほど、見つけるたびに買いまくり。手紙を書くのに使ったり、気分に合わせて使い分けたり、ワクワクがたくさん詰まってた♡

 

そんなカラーペン、今はちょっぴり進化しているようで…?例えば蛍光ペンならビビッドなカラーの他に、くすんだカラーも発売。スモーキーな色味がかわいくて、普通に全色欲しくなりました。

 

あの頃一世風靡したマーブルペンは、今ではノックタイプに。文具メーカー「サラサ」から発売されていましたよ。今の小・中学生にも人気があるようで、売り場の前にはたくさんの女子が溢れていました。

 

 

 

持たない選択肢はなかった「ドクターグリップ」

これも持っていない人はいなかった!振るだけで芯が出る「ドクターグリップ」。1本500円前後とシャーペンにしてはやや高めのお値段でしたが、ひとり1本は必ず筆箱に入れていましたよね。

 

その人気は時代が流れても健在、お店でも変わらずに販売されていましたよ。変わったのは一見カラバリだけでしょうか?久々に使いましたが、相変わらず抜群の使い心地でした◎

 

 

 

消すだけじゃないのが斬新だった「ローラー消しゴム」

消した後の消しカスを回収できるとして人気になった「ローラー消しゴム」。その便利さよりも、見た目のかわいさに惹かれて買っちゃったところもあるけど、これもお気に入りだった〜!思えば消しゴムも、香りがついてるものとか、野菜やフルーツの形をしたものとか…色々種類がありましたよね?消しカスでねりけしもよく作ったし(笑)。

 

ちなみにこちらも今も形を変えず販売中。もしかするとローラーの吸着率は上がったのかも?懐かしすぎてひたすらコロコロしちゃいました♡

 

 

 

男子がひたすら遊んでた「バトル鉛筆」

これは自分が使っていたというよりも、クラスの男子がめちゃくちゃ使ってた「バトル鉛筆」。授業の間の5分休みにもひたすらこれで遊んでて、「コロコロ転がして何が楽しいんだ…」と当時は思っていました。ポケモンやドラゴンクエストなど、バトル鉛筆にもいくつか種類がありましたよね。

 

こちらは残念ながらすでに発売は終了。私たちの世代が人気のピークだったのかもしれません。

 

 

 

文房具はあの頃のわたしたちのステータスだった!

見てるだけでキュンとする青春時代の文房具、みなさんは何を使っていましたか?平成の終わりに、懐かしいあの時代を思い出してみてくださいね。

 

 

 

information

サンスター文具 ☎︎03-3872-7141
ステッドファスト株式会社 ☎︎06-6167-0114

 

 

※価格はすべて税抜き、編集部で購入した商品も含まれています

[記事公開日]2019.4.06 [最終更新日]2019.4.10

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS