お家でエステ気分♡むくみ・セルライトに《スライドカッピング》が効く!

エステでやってもらえる「カッピング」という吸い玉療法。むくみ・たるみ・セルライトをほぐしてくれる美容法なのですが、自分でもできる「セルフカッピング」が巷で話題!使うのは太ももや二の腕、顔にもOKなシリコンのカップ。ここでは詳しい使い方や実際の効き目をお伝えしていきます。

お家でエステ気分?《セルフカッピング》でセルライトと無縁の身体に

「カッピング」って聞いたことありますか?リラクゼーションサロンなどでやってもらえるいわゆる「吸い玉療法」なのですが、お家でできる「セルフカッピング」が巷で話題なんです!

 

お肌を吸い上げる事で血流が良くなり、凝り固まったセルライトを柔らかくし流れやすくしてくれるカッピングは、主に脚や二の腕、お腹、お尻になどにあるセルライトに効果的なんです♡

 

今回は「シリコンカップ」で行うセルフカッピングのやり方や効果を紹介していきます。サロンに行く手間が省ける上にセルライトも消すことができるなんてすごすぎるアイテムだけど…実際の使い心地はどうなんでしょう?

 

 

買える場所や値段は?大きさは?

シリコンカップはバラエティショップなどでも買えますが、今回はネット通販を通して購入しました!色々なものがある中で今回は大きさの違うカッピングがセットになったものをチョイス。価格はだいたい1,000〜2,000円ほど。一回分のエステ料を考えると、だいぶお得ですよね…!

 

スライドカッピング シリコンカップ 1,580円(編集部調べ)

 

手のひらサイズの①はセルライトができやすい太ももやふくらはぎの他に、腰やお尻にもぴたりのサイズ感。④の極細はあまり使わないかなと思いましたが、その代わりに③の細長は以外にも大活躍!ヘビロテ間違いなしなのは②のサイズかもと個人的には感じました。

 

 

 

《セルフスライドカッピング》を行ってみよう!

本当に効果があるのか、謎に包まれたセルフスライドカッピング。実際二の腕に使ってみたので、やり方と一緒に効果も検証していきます。

 

 

①まずはカッピングしたい場所にボディオイルをなじませる

カッピングする上で欠かせないのがオイルやクリーム。これなしではシリコンカップが滑らず、ただただ肌を痛めてしまうだけになってしまうので、事前にしっかりと塗り込んでおきましょう!

 

目・鼻・口・耳・のど・デリケートゾーン・粘膜がある部分には使えないので注意してくださいね。

 

 

②シリコンカップを肌に当てる→ぎゅっとつまんではなす

今回使ったシリコンカップは②の中サイズ。肘のあたりの肌をシリコンカップに吸わせるのですが、この時点で結構痛い!事前に塗り込んだベビーオイルが潤滑剤の役割と一緒に肌を柔らかくしてくれているので、ぴったりとフィットしてそのまま離れません。

 

肌を吸い上げることで血流が良くなりむくみやセルライトに効くとのことでしたが、確かに、集まった部分だけ血行が良くなっていっています。

 

 

③そのままワキ方面へスライド!

カップに肌を吸わせた状態で、そのまま真横にスライドさせていきます。吸われた状態で場所が変わるので見ていてかなりおもしろいのですが、これがちょっぴり痛い(笑)!

 

吸引力が弱いと効果があまり得られないらしく、「ちょっと痛いかな」と思うくらいの強さにするのがちょうど良いそう。初めはびっくりしますが、徐々に慣れてきます。

 

脇の方へスライド→カップを離してまた肘からスタートを5〜6回繰り返した後、素手で二の腕〜わき下をさするようにマッサージします。ほぐしたセルライトを最後にリンパに向かって流すことで、カッピングした部分がすっきりするんだとか。

 

写真だと分かりにくいのですが、カッピングした部分がほんのりと赤くなっています。これでしっかりとカッピングできていたことがわかりますね!触ってみると血行が良くなっているからたあたたかく、まさにエステされた後の肌になっていました。

 

 

ちなみに…

他の部位も二の腕の使い方と同じです。カップは往復させないで、同一の方向から繰り返し滑らせることが大事ですよ。

 

 

太ももに使う場合

ひざ→太ももの付け根にかけてスライドさせて、最後に付け根をグッと押す

 

ふくらはぎに使う場合

足首→ひざにかけてスライドさせて、最後に膝裏のリンパに流す

 

 

最後にリンパに流すことも大事な工程の一つ!定期的にセルフケアをすればなかなか消えないセルライトやむくみの解消に繋がります。

 

 

 

顔のむくみを取るときはどう使うの?

今回購入したシリコンカップは顔に使える小さめサイズのものがありました!以外に効果があったので、顔のむくみやコリをほぐす方法をレクチャーしますね。

 

 

使うのは③と④のシリコンカップ

まず、他のパーツ同様にクリームやオイルで滑りをよくすることを忘れずに!まず顔の面積が広い部分は③のシリコンカップで、内側から外側に向かって滑らせていきます。次に皮膚の薄いおでこや眉付近は、一番小さい④のシリコンカップでくるくると円を描くように滑らせて。

 

同じところをずっと吸引させていると跡が残りやすいので、必ずスライドさせて!どちらもこめかみあたりに集めるようにしながら動かすのもポイントです。

 

最後に首筋のリンパをしっかりと流せば、むくみ・たるみ知らずのすっきりフェイスの完成!フェイシャルエステの後のような血色の良い肌になれますよ。

 

 

 

むくみ・たるみ・セルライトは《セルフスライドカッピング》で撲滅させて

シンプルな見た目とは裏腹にかなり使えるセルフスライドカッピング。自宅でのケアにぜひ取り入れてみてくださいね。

[記事公開日]2019.3.31 [最終更新日]2019.4.03

NEW POST

ビューティーの新着記事

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ビューティーのランキング