着たいけどまだ寒い…そんな春服を今からコーデに取り入れるには?

きれい色スウェットやブラウスといった春アイテムを、冬コーデに投入してみませんか?とっておきの春アイテムを今すぐ着られる上に、マンネリしてきた冬の着こなしをリフレッシュできちゃうしと、まさにいいことづくめ♡これは試してみない手はありませんよ!

春服、早く着たいけどまだ寒い…!

スクエアネックの白ブラウスに白のざっくりニットカーデを羽織って、デニムを合わせた女性

出典: WEAR

そろそろ春服が着たいけど、まだ寒いから着れないなぁ…。そんな抱えたあなたに、ひとつご提案。着々と準備中の春アイテムを、今から活躍させちゃいませんか?冬アイテムと組み合わせたり、レイヤードテクを駆使すれば、きれい色スウェットやブラウス、薄手ワンピースといった春アイテムも冬のおしゃれに活用できちゃうんです♡

 

 

 

冬アウターの下に春色スウェットを

カジュアルコーデに欠かせないスウェットを、春にはきれい色にアップデートする予定の人もきっと多いはず。でも、せっかくなら春カラーのスウェットを冬アウターの下に仕込んで、季節感を先取りした着こなしを楽しんでみませんか?ちょっぴりだれてきた冬のスウェットコーデも、グッと新鮮に見違えちゃいますよ。

 

ライトブルーのスウェットにグレーのリブニットパンツを合わせて、ブラウンのファーコートを羽織った女性

出典: WEAR

春の青空のような淡いパステルブルーのスウェットなら、もふもふのファーコートを使った着こなしも爽やかな印象に。スウェットとトーンをそろえたライトグレーのリブパンツやクリア素材のトートバッグが、春待ちムードをさらに加速してくれますね。

 

ライトパープルのスウェットに黒スキニーを合わせて、黒のダウンジャケットを羽織った女性

出典: WEAR

ダークカラーのアイテムが多い冬コーデだからこそ、こんなくすみピンクのスウェットを1点投入するだけでコーデが激変。黒スキニーの足もとにボリュームを出してくれるゴツめのダッドスニーカーもクリーンな白をチョイスして、軽やかな抜けを演出しちゃいましょ。

 

グリーンのスウェットにグレーのプリーツスカートを合わせて、ベージュのコートを羽織った女性

出典: WEAR

抹茶ラテみたいな色合いの淡いグリーンのスウェットに、軽やかに揺れるプリーツスカートを合わせたガーリーコーデ。たっぷりとしたロングコートの中をペールトーンでまとめれば、冬アウターを羽織っていても一足早く春の気分が味わえますよ。

 

 

 

ブラウスやシャツはニットに重ねて

繊細なレースブラウスやかわいらしい花柄ブラウス、あるいはトレンドライクなベージュカラーのビッグシャツ。1枚で着るにはまだまだ寒いけれど、お気に入りのアイテムだからこそ、たくさん活躍させてあげたいですよね。それなら、ニットに重ねる着こなしがおすすめです。ブラウスやシャツで、ニットを使った冬コーデに春のエッセンスをそっとプラスしちゃいましょう。

 

白ニットから白のレースブラウスをチラ見せさせて、小花柄のスカートを合わせた女性

出典: WEAR

ぽこぽことした編み目の白ニットに、襟や袖口にレースがあしらわれたブラウスをレイヤード。見える部分はほんの少しですが、小花柄のロングスカートとともに春に向けて高まるロマンティックムードをグッと盛り上げてくれますね。

 

ベージュの小花柄ブラウスにデニムを合わせて、グリーンのカーディガンを羽織った女性

出典: WEAR

ざっくりとしたカーディガンのインナーに、春ブラウスを入れるのもGOOD!ベージュの小花柄ブラウスとライトカーキのニットカーデで優しいトーンにまとめたら、合わせるデニムも春を先取る薄色デニムにアップデートしてみて。

 

オフホワイトのタートルニットにベージュのビッグシャツを重ねて、白のパンツを合わせた女性出典: ZOZOTOWN

暖かくなったらさらりと1枚で着たい、リラックス感あふれるビッグシルエットのスキッパーシャツ。まだ寒い冬の間は、ニットを仕込んで暖かく着こなしましょう。ここのところブームが続く茶系カラーコーデも、ベージュ×ホワイトにトーンアップすれば春らしさを演出できますよ。

 

 

 

薄手ワンピはレイヤードテクを駆使!

シフォンやレースなど軽やかな薄手素材が多い春ワンピースですが、ニットやデニムを重ねるといったレイヤードテクを使えば、冬コーデにも十分対応できちゃいます。しかもアイテムをレイヤードすることで、こなれたカジュアル感まで叶えられちゃうのが嬉しいですね♡

 

グリーンの花柄のシフォンワンピースに白のタートルネックニットを仕込んで、黒のボアアウターを羽織った女性

出典: WEAR

薄手のシフォンワンピースを冬に着るには、もこもこのボアジャケットなど冬アウターを羽織るのはもちろん、ニットとのレイヤードがマスト。さらにデニムを合わせれば、透け感が気にならなくなる上に花柄の甘さをセーブすることもできますよ。

 

ベージュの小花柄ワンピにベージュのニットを重ねて、白レギンスを合わせた女性

出典: WEAR

ゆるっとしたサイジングのニットは、ワンピースの上にレイヤードしてスカート風に着こなしてもOK!淡いベージュのワンピースとトーンをそろえた白のスリット入りレギンスを重ねて、こなれ感のある花柄ワンピコーデを満喫しちゃいましょう♪

 

白のレースワンピースに黒のパーカーをレイヤードして、カーキのキルティングジャケットを羽織った女性出典: WEAR

繊細な刺繍がほどこされたレースワンピースに、ボーイズライクな黒のフーディ―を重ねてカジュアルダウン。カーキのキルティングジャケットや黒のサイドゴアブーツなど辛口のアイテムを添えて、ロマンティックなワンピースをクールに着こなして。

 

 

 

ライトアウターもW使いで暖かく♡

デニムジャケットやトレンチコートといった春の定番ライトアウターを、冬コーデに取り入れちゃいませんか?さすがに1枚だけでは心もとないけれど、他のアウターをもう1枚プラスすれば、暖かさがグンとUPしますよ!

 

ベージュのニットに黒の小花柄スカートを合わせて、デニムジャケットとボアブルゾンを羽織った女性

出典: WEAR

シンプルなベージュのハイネックニットにフロントボタンの花柄スカートを合わせたちょっぴりきれいめな着こなしに、デニムジャケットをゆるっと抜き襟で羽織って。でもそれだけではまだ寒いから、ボアジャケットをプラスするWアウター使いでガッチリ防寒するのが◎。

 

白Tにベージュのワッフルパンツを合わせて、デニムジャケットとグレーの肉厚カーディガンを羽織った女性

出典: WEAR

アウターのように使える、ざっくり編まれた肉厚のニットカーディガン。その下にデニムジャケットを仕込んで、ぬくぬくに♡カーディガンを1枚で羽織るときよりも、トップスとの間にデニムジャケットをはさむことで着こなしに立体感を出せるのも嬉しいポイントです。

 

黒のトップスにデニムを合わせて、ライダースとトレンチコートを羽織った女性出典: WEAR

春のライトアウターといえば、トレンチコートもハズせません。でも冬場に1枚で羽織るのはさすがに寒いので、中にレザー素材のライダースを仕込んで北風をシャットアウト!トレンチコートからちょっぴりハードな印象のライダースをチラ見せすれば、クールなアクセントとしても効いてくれますね。

 

 

 

春アイテムを投入すれば、冬コーデが新鮮に

白スウェットに花柄スカートコーデの女性出典: WEAR

きれい色スウェットやキュートなブラウスなど、とっておきの春アイテムは、暖かくなるまで待たずにぜひ冬の間からコーデに取り入れて。何だかマンネリを感じていた冬コーデを、春アイテムが軽やかにリフレッシュしてくれること間違いナシですよ♡

[記事公開日]2019.2.21 [最終更新日]2019.2.25

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS