化粧水をつけるとき、手orコットンどっち?それぞれのメリットと注意点

化粧水をつける際、手orコットンどちらで行なっていますか?「正直、なんとなくでやっています」という人も多そうですが、実はそれぞれにメリット・デメリットがあり、毎日行うことだからこそ、それらをしっかりと理解しておく必要があるんです。肌に負担をかけないスキンケアをするためにも、ここで一度おさらいしておきましょう。

化粧水のパッティング、手orコットンどっちがいいの?

毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。みなさんは肌につける際、手orコットンどちらで行なっていますか?あまり意識せずにつけている人が多そうですが…。実は両方にそれぞれ違うメリットがあり、それと合わせて知っておかなきゃいけないデメリットも存在するんです。肌をいたわったケアをするためにも、ここでしっかりおさらいしておきましょう。

 

 

 

<手>で行うメリット・デメリット

メリットは?

①化粧水を手で温めてから肌につけることができる

②浸透力の高いハンドプレスでパッティングすることができる

③お金をかけずに日々のスキンケアを行うことができる

 

化粧水は温めることで肌になじみやすくなります。そのためコットンでパッティングを行うよりも、自然に熱が加わる手でパッティングした方が、浸透しやすくなると言われているんです。

 

また、手のひらで顔を包み、化粧水をじんわりと閉じ込める「ハンドプレス」という方法でパッティングできるのもメリットのひとつ。地味にコストがかかるコットン代も節約できるので、「手で行なっている」という人も、実は意外と多いんです!

 

 

デメリットは?

①不衛生な状態で化粧水をつけてしまう恐れがある

②手のざらつきやカサつきが肌の負担になる可能性がある

 

様々なものに触れている手は、実は雑菌がつきやすいパーツ。清潔な状態で化粧水をつけるためには、顔を洗うと同時に、手もしっかりと洗う必要があります。また、乾燥などで手が荒れている場合も、それが肌の刺激になる可能性が高いので注意したいポイントです。

 

 

手でパッティングする際のポイント

メリットもあるとはいえ、やっている人が多い手のパッティング。肌に負担をかけずに行う方法を紹介するので、メリット・デメリットと合わせて、こちらもチェックしておきましょう。

 

 

①手で化粧水を温める

手のひらに化粧水を適量出したら、両手で化粧水をじんわり温めます。目安は”人肌程度”になるまで。化粧水が手からこぼれ落ちないように、ゆっくりと温めていきましょう。

 

 

②手のひら全体で顔をつつみ、化粧水を優しく押し込む

温め終わったら手のひら全体で顔をつつみ、化粧水を優しく押し込んでいきますよ。この時、間違ってもパチパチと叩き込まないこと。押し込むだけでも化粧水はしっかりと浸透するので、焦らず丁寧に行います。

 

 

③ある程度浸透したら、指全体を使ってマッサージしながら浸透させる

最後は指の腹を使って、小鼻や目尻など②のステップでパッティングできなかった箇所に、化粧水を浸透させていきます。小さな円を描くように、くるくるとマッサージしながら化粧水を押し込んでいきましょう。引っ張ってしまうと肌の負担になってしまうので、力加減はとことん”優しく”がポイントです。

 

 

 

<コットン>で行うメリット・デメリット

メリットは?

①清潔な状態でパッティングを行うことができる

②凹凸がないので細かい部分もパッティングしやすい

③均等につけることができるので化粧ヨレしにくい

④パッティング後、パックとしても使用できる

 

コットンは何よりも、常に清潔な状態でパッティングできるのがひとつ。また、手と違って凹凸がないので、小鼻や目尻などの細かい部分もパッティングしやすいんです。比較的均等に化粧水をつけることができるため、化粧がムラにならず、崩れにくいのも嬉しいポイント。皮脂が出やすい夏の間だけ、コットンでパッティングしているという女性も多いそうですよ。

 

 

デメリットは?

①毛羽立ちが肌に負担を与える可能性がある

②手と比べてパッティングに力が入ってしまうことがある

③コットン代が定期的にかかってしまう

 

実はコットンの毛羽立ちが、肌に負担を与えてしまうこともあるんです。また、手で行うよりも浸透している実感が湧きにくいので、パッティングにどうしても力が入ってしまったり。使い方が難しい分、知らず知らず肌にダメージを与えている恐れもあるので要注意。コットン代が定期的にかかってしまうというのも、地味に悩ましいポイントです。

 

 

コットンでパッティングする際のポイント

使い方がちょっぴり難しいコットンですが、使用後にパックとして使えたりと便利な面も多いアイテム。肌に負担をかけないように、こちらも使い方をしっかりおさらいしておきましょう。

 

 

①コットンに化粧水をたっぷり含ませる

コットンは毛羽立ちがおきないよう、化粧水をたっぷりめに含ませるのがポイント。パッティング中に化粧水が足りなくなったら都度足して、量を調整するようにしましょう。

 

 

②コットンに染み込んだ化粧水が浸透するよう、優しく肌に押し込む

手でのパッティング同様、パチパチと叩き込むのはNG。コットンに染み込んだ化粧水がしっかりと浸透するように、優しく肌に押し込んでいきます。

 

 

③乾燥が気になる場所はコットンパックを行う

顔全体のパッティングが終わったら、もう一度化粧水を含ませて、乾燥が気になる場所にコットンパック。5分程度時間をおくことで、肌がしっとりと潤いますよ。

 

 

化粧水をつけるのに適したコットン選びのポイントは?

肌に負担をかけないためには、使用するコットン選びも大切。

 

コットンは大きく分けて、カットタイプ、サイドシールタイプ、セパレートタイプの3種類。カットタイプは大きなコットンをカットしたもので、一番ポピュラーなコットンです。サイドシールタイプは不織布で両サイドを縫い合わせており、毛羽立ちにくいのが特徴。セパレートタイプは薄いコットンが何枚か重なっていて、1枚ずつ剥がして使うタイプになります。

 

パッティングに適しているのは、セパレートタイプ。表面がなめらかなので、肌の上での滑りもよく、終わったあとは剥がしてコットンパックとして使用できます。もちろんカットタイプやサイドシールドタイプもパッティングができるのですが、分厚いのでその分化粧水が必要になり、コスパのことを考えるとあまりおすすめはできません。これら2つはクレンジングなどの拭き取りに適していると思いますよ。

 

 

より肌のことを考えるなら、素材にもこだわるべき

肌のことを考えるなら、コットンの素材にも注目を。最近では無添加の素材で作られたオーガニックコットンも多く発売されているので、このあたりをチェックしてみるのもおすすめです。値段は通常のコットンより、数十円高い程度。肌がデリケートな女性も、安心して使用することができますよ。

 

 

 

メリット・デメリットを理解して、肌に優しいケアをしましょう

それぞれのメリット&デメリット、そして使い方のポイントをしっかりと押さえて、肌に優しいスキンケアをはじめましょう。

[記事公開日]2019.2.17 [最終更新日]2019.2.20

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS