もこもこが厄介…ボリュームニットのアウター困る問題をズバリ解決!

[記事公開日]2018.12.24
[最終更新日]2020.5.11

もこもこでかわいい「ボリュームニット」。でも、もこもこがゆえにアウター選びに一苦労してる人も多いですよね。それでもやっぱりボリュームニットを着たいので、袖周りがパンパンにならずに着膨れもしないアウターを選んでニットを着こなして。ボリュームニットで冬コーデを可愛く仕上げましょ♡

冬コーデならではの悩み!ボリュームニットのアウターどうする?

白タートルにオーバーサイズにベージュコート出典: WEAR

ボリュームのあるニットのコート・アウターどうしてますか?ニットのもこもこ感がかわいくて買ったものの、肉厚すぎてアウターに困る…着膨れするのはイヤだけど着ない訳にもいかないですよね。そんな悩みを解決します。

 

 

 

腕周りに余裕のあるものを選ぶ

腕回りに余裕のあるアウターを選んだら、袖がキツくて入らないなんて事にはならないはず。少しオーバーサイズなアウターや肩が落ちたデザインのアウターは、腕回りが広いものが多いので、それも基準に選んでみて。

 

白ニットにベージュコート出典: WEAR

ゆったりとしたケーブルニットはダボっと感がかわいいけれど、アウター選びは困ります。同じようなシルエットのアウターを着るのはちょいダサコーデになってしまうので、肩の落ちたロング丈のコートが◎です。ボリュームニットに肩の落ちたコートを着ても、足元をスッキリさせれば問題ないですよ。

 

ブラウンのボアコートに黒スキニー出典: WEAR

ボリュームニットが隠れるくらいオーバーサイズのコートを選ぶのもアリ。そういうコートは大概腕回りもかなり大きめに作られているのでニットのせいで着られないなんて事はなさそうですよ。ニットのもこもこ感が出ないくらいのものを選ぶのがポイントです。

 

カーキのキルティングコート出典: WEAR

キルティングのアウターで腕回りの細いものってそうそうないので、これも安心して着られます。しかもキルティングアウターは薄手ながら暖かいものが多いので、着膨れ感ゼロですよ。ボリュームニットを適度なボリューム感に見せられるアウターがあると便利かも。

 

 

 

丈長めアウターを選んでもこもこ見え回避

もこもこニットにショート丈のアウターを合わせると、上半身だけかなり着込んでる感が否めませんよね。丈の長いアウターでニットのもこもこ感を緩和しつつ縦長シルエットを作るのがGOOD。膝下より長いものを選ぶのがベストです。

 

タートルニットにブラウンコート

出典: WEAR

タートルネックのボリュームニットは、首元のもこもこ感がたっぷりで暖かいけど着痩せは期待できないので、すかさずロング丈のアウターでバランスを取りましょう。半端な丈だと寸胴に見えやすいので、膝下丈のアウターで長さアピールをして。

 

ブラウンニットにベージュコート出典: WEAR

こちらもタートルネックのボリュームニットでやはり上半身のもこもこ感が気になります。深めのカラーが首回りにあるとモッサリとした印象にも見えるので、優しげなベージュの膝下丈コートできれいめなコーディネートに。

 

赤ニットベージュロングコート出典: WEAR

赤のボリュームニットが映えるコーディネートは、目立つ分もこもこ対策をしっかりと。黒いコートで締めたいところですが、赤と黒だとコントラストが強すぎるので、ベージュのコートで赤とのバランスを取りましょう。ロング丈のコートは肩がけにしてもサマになりますよ。

 

 

 

首回りスッキリのノーカラーコートを選ぶ

コートの襟があるとないとでは見え方が全然違ってきますよ。ニットがボリューミーな分、首回りがスッキリとしたノーカラーコートをチョイスして。襟がないとシュッとした雰囲気も醸し出せます。

 

白ニットにレオパードスカート出典: WEAR

ボリュームニットに強め柄のスカートを合わせると、アウター選びにかなり苦戦するはず。重たく見せたくないしこれ以上強めにもなりたくないので、シンプルなベージュのノーカラーコートで引き算コーデをするのがポイントです。

 

白ケーブルニットにベージュコート

出典: WEAR

ボアアウターはボリュームニットにはNGなんじゃない?と思われやすいですが、ノーカラーなら大丈夫!襟のあるボアアウターだともこもこ感が増長されて着ぐるみのようになってしまうので避けたいところですが、襟がなければ気にならないかも。

 

ブラウンニットにノーカラーコート肩がけ出典: WEAR

襟があるタイプと比べると、肩がけにした時もノーカラータイプの方がスッキリして見えますよ。こなれ感を出すために肩がけにするのもアリですね。ボリュームニットの時はノーカラーコートが無敵な気がします♪

 

 

 

あえてのアウターなしでニットの中に着込めるだけ着込む

ニットがブクブク過ぎてアウターがない!そんなときは、ニットの中に着込めるだけ着込んでアウターなしで出掛けちゃいましょう。ボディラインを拾わないニットだからこそできることですよ。アウターを着ない分、身軽だったりします♡

 

ベージュのケーブルニットに黒パンツ出典: WEAR

たっぷり着込めそうなボリュームニットは、ラインが出ないのでインナーをたくさん着て防寒対策を。ボリュームニットは透け感のないものがほとんどなので、ヒートテックやカットソーをどれだけ着てもバレる事もないですよ。

 

グリーンのビッグニット出典: WEAR

丈が長めのボリュームニットはさらに暖かくて、下に着込めばかなり防寒できるはず。深みのあるカラーのニットなら、見た目も寒々しくないので1枚で着てる風に着てみては。

 

 

 

ボリュームニットのアウター問題はこれで解決です!

ボリュームニットにアウターを羽織った女性出典: WEAR

ボリュームニットに合わせられるアウターは意外とたくさんありそうですね。どうしてもの時はアウターなしでも着られるボリュームニットをたくさん着倒して♡

PICK UP

ファッションのピックアップ記事