緑色の種類&名前|服によく使われるグリーンを見本コーデと一緒に紹介!

[記事公開日]2018.10.30
[最終更新日]2020.4.24

ファッションや服で人気の緑色(グリーン)。緑色って種類がたくさんあるから、名前だけだとどんな緑色なのかわからないものも…。ライトグリーン、ダークグリーン、深緑、モスグリーン、オリーブグリーンなど、緑色の種類&名前を色見本と一緒に紹介します。

緑色にも種類がある。ファッションや服に使われる緑色の種類って?

出典: WEAR

緑色(グリーン)の服ってたくさんあるけれど、色味が違ったり呼び方も違ったり種類が多いですよね。ブランドや人によって呼び方も変わるので、名前だけ聞いてそれってどんな緑色なんだろう?とピンとこないことも。そこで今回は、ファッションや服で使われる緑色の種類を色見本と一緒にまとめてみました。

 

 

そもそも緑色ってどんな色?

出典: WEAR

そもそも緑色とはこんな色のこと。最近では緑色にも色々な種類があり、ライトグリーン、ダークグリーン、ミントグリーン、モスグリーンなど、緑色の明るさ・濃さ・色味によってたくさんの名前で使い分けられています。

この記事もチェック

 

 

 

《ライトグリーン》と呼ばれている緑色の種類

ライトグリーンは、明るい緑色のこと。どんな緑色のことを指すのか定義はなく、”明るい”と感じた緑色はライトグリーンと呼ばれています。

 

 

緑色の種類①ミントグリーン

出典: ZOZOTOWN

ミントグリーンは、淡くて薄い色味の緑色のこと。”ペールトーン”や”パステルカラー”の中の1色として扱われることが多い緑色の種類です。淡い涼しげな色なので、春夏ファッションで人気の色。

 

出典: ZOZOTOWN

緑色が持つ自然な雰囲気と淡い透明感が特徴的なミントグリーンは、穏やかで優しい印象に見えますね。ベージュのきれいめなワイドパンツと合わせれば、上品だけど親近感のある大人のコーディネートに仕上がります。

 

 

緑色の種類②エメラルドグリーン

出典: ZOZOTOWN

エメラルドグリーンは、宝石のエメラルドを連想するような、鮮やかで澄んだ爽やかさを感じる緑色。少し青みがかっていてみずみずしい印象の緑色です。

 

出典: ZOZOTOWN

服でエメラルドグリーンを取り入れるなら、ベーシックカラーと組み合わせたシンプルな色合わせがおすすめ。ブラウンのパンツをチョイスして、エメラルドグリーンの服を綺麗に引き立てつつ、派手になりすぎないようコーデを調整。

 

 

緑色の種類③黄緑色

出典: ZOZOTOWN

ライトグリーンの中でも黄色味が強い黄緑色は、数ある緑色の中でもカジュアル使いしやすい色。自然の緑を連想するような穏やかな色味で、気張らない親近感のある緑色に癒されます。

 

出典: ZOZOTOWN

黄緑色の服に明るいライトブルーデニムをさらっと合わせれば、ラフな着こなしも難なくできちゃう。足元はきれいめのパンプスをチョイスして、ひとさじの”品”を残すとバランスよし。

 

 

緑色の種類④ライムグリーン

出典: ZOZOTOWN

ライムグリーンは、その名前の通り柑橘のライムを連想するような鮮やかで弾けるような緑色。黄緑色の彩度が上がりより鮮やかになったような色味が特徴で、パキッと弾けるフレッシュ感で元気を与えそうな緑色です。

 

出典: ZOZOTOWN

鮮やかなライムグリーンは、コーデの差し色として取り入れるのが正解。存在感のあるライムグリーンの服を主役に、ボトムスや小物はシンプルに黒でまとめて潔く着こなすのがおしゃれ女子流。

 

 

 

《ダークグリーン》と呼ばれている緑色の種類

ダークグリーンは、暗い緑色のこと。ライトグリーンと同様に、どんな緑色のことを指すか定義はなく、”暗い””落ち着いた”印象の緑色をダークグリーンと呼びます。

 

 

緑色の種類⑤深緑色

出典: ZOZOTOWN

深緑色は深みのある緑色のこと。こっくり深い緑色で、一気に大人っぽさを感じる落ち着いた雰囲気に。黒の服と合わせればシックに、白の服と合わせれば軽やかに着こなすことができるので、色合わせに困りにくい緑色です。

 

 

緑色の種類⑥モスグリーン

出典: ZOZOTOWN

モスグリーンの名前の由来は、モス(moss)=苔のような緑色という意味。苔と言っても薄い色の苔から濃い色まで様々。ファッションや服でよく使われるモスグリーンは、濃いめの緑色のことをモスグリーンと呼んでいることが多いようです。

 

出典: ZOZOTOWN

苔のようにしっとりと落ち着いた印象のモスグリーンは、きちんと見せたい日のコーディネートに大活躍。黒のきれいめボトムスに女性らしいパンプスを合わせるだけで、シンプルなのに上質感漂う大人のグリーンコーデに。

この記事もチェック

 

 

 

緑色の種類⑦オリーブグリーン

出典: ZOZOTOWN

ファッションや服で使われるオリーブグリーンは、少し茶色みがかった緑色を表すときに使われることが多いです。カーキと茶色の中間のような、少しくすみがかったような緑色が特徴。

 

出典: ZOZOTOWN

茶色みがかったオリーブグリーンは、ベージュやブラウンのような茶系アイテムと相性抜群。緑色でありながら、茶系の服と合わせることで今どきなワントーンコーデが楽しめるんです。

 

 

緑色の種類⑧青緑色

出典: ZOZOTOWN

青緑色は、青と緑を混ぜた中間のような色味のこと。見る人によっては緑とも言うし、青とも言える不思議な色味です。青緑色が持つ不思議な魅力と相まって、服で身につけるとどこかミステリアスな雰囲気を纏うことができます。

 

出典: ZOZOTOWN

青緑色の服に何を合わせたらいいか悩んだら、まずは黒の服と組み合わせてクールに着こなすのがおすすめ。青緑色は色味がはっきりしているから、黒と組み合わせても重く見えず大人の差し色にぴったり。

 

 

 

緑色って奥が深い。グリーンの色味にこだわって、ファッションを楽しんで♡

出典: WEAR

ファッションや服でよく使われる緑色の種類&名前を紹介しました。緑色と言っても、色の種類はこんなにたくさんあるんです。爽やかな緑色・カジュアルな緑色・シックな緑色など、緑色の違いを把握しておくとおしゃれの幅がもっと広がりそうですよね。緑色の服を選ぶときは、色の種類や名前にも注目してみてくださいね♡

この記事もチェック

PICK UP

ファッションのピックアップ記事