カーキジャケットに黒パンツと赤スニーカーとクリアバッグの気温23度の日の女性の服装

最高気温23度の服装|調節しやすくおしゃれなおすすめレディースコーデ特集♡

[記事公開日]2018.9.10
[最終更新日]2021.3.22

最高気温23度の日ってどんな服装が正解?半袖・長袖どっちがいい?ニットはおかしい?夜は寒い?など判断が難しい日の服装選びのポイントをチェック!春から梅雨、秋の季節別23度の日にぴったりなレディースコーデをたっぷり紹介します♡

最高気温23度の日はどんな服装が正解?おすすめレディースコーデまとめ

カーキミリタリージャケットに黒レースタンクトップの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

”最高気温23度”の日って、どんな服装を思い浮かべますか?春は5月〜6月、秋は9月〜10月に平均の最高気温が23度になります。最高気温が23度の時期って、昼間は暖かいのに朝夜はグッと冷え込んで寒いので、何を基準に服装を選ぶのか判断に悩みますよね…。

そこで今回は最高気温23度の日の服装選びのポイントと、気温23度(22度〜24度)の日のぴったりなレディースコーディネートを春(梅雨)・秋別に解説していきます!

春・秋の最高気温23度の日の服装選びのポイント

気温23度の日は薄手のカーディガンをさらっと羽織って、調整できる服装を選ぶのがおすすめです。23度は季節の変わり目の気候でもあるので、透け感のある長袖とサンダル、半端袖のトップスとニットスカートなど、季節感をMIXさせたおしゃれを楽しみましょう。厚手のニットやパーカー1枚では少し暑く感じるため、避けた方が無難です。

ファッションブロガー 日比理子さんから一言アドバイス♡

気温23度前後の季節の変わり目の時期は、肌寒さもありつつ比較的心地よく過ごせる時期です。
しかし日によって寒暖の差が激しいので「何を着ていいのかわからない!」と悩む時期でもあります。うまく羽織りを活用して快適に過ごせるようにしましょう。

またこの時期は素材選びもポイントです。雨の日は、ポリエステルなど速乾性のあるものや、雨ジミ、泥ハネが目立たない色や柄のものがオススメ。また湿度の高いジメジメが気になる日は吸湿速乾性のあるリネン素材なら肌にベタっと貼り付かず、快適に過ごせます。

最高気温23度の日の服装選びのポイント(1)調整できる服装がベター

白シャツに黒キャミソールとデニムパンツと黒パンプスの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

最高気温23度(22度〜24度)の日のひとつ目の服装選びのポイントは、調整できる服装を意識すること。最高気温23度と聞くとあたたかそうですが、朝晩は肌寒いことも。だからと言ってニット一枚だと暑かったりするので、調整できる服装を選んでおくと安心です。薄手のシャツやカーディガンをさらっと羽織って、おしゃれに防寒対策しちゃいましょう♪

最高気温23度の日の服装選びのポイント(2)季節感をMIXさせたコーデ

ベージュのロングワンピースに白レギンスとブラウンサンダルの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

最高気温23度(22度〜24度)の日の服装選びのふたつ目のポイントは、季節感をMIXさせた服装をチョイスすること。気温23度は春なら5月〜6月、秋は9月〜10月と季節の変わり目でもあるので、季節感をMIXさせたおしゃれが楽しめる貴重な時期でもあるんです。”春”や”秋”全開のレディースコーデもいいですが、ニット素材の半袖や長袖×サンダル、半袖×ブーツなど、気温23度だからこそできる服装を楽しむのがおすすめです◎

最高気温23度の日にぴったりな服装【春編】

最高気温23度の日の服装選びのポイントをチェックしたところで、気温23度の日にぴったりなレディースコーディネートを見ていきましょう!まずは春の最高気温23度(22度〜24度)の日の服装からご紹介♪梅雨のある春は肌寒い日も多いので、服装選びに特に注意が必要です。

春の最高気温23度(22度〜24度)の日の服装は…?

薄手の長袖がちょうどいい♪

ドット柄シャツにカーキミリタリーパンツと黒スニーカーの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

春の最高気温23度の日に活躍するのが、薄手の長袖トップス。ドット柄のブラウスにカーキのパンツを合わせた定番甘辛MIXレディースコーデは、ラフなトートバッグ・スニーカーをプラスしてカジュアル感を高めるのが大人女子流。

クリア素材を投入して季節を先取り

白シャツブラウスにチェック柄ワイドパンツとクリアサンダルの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

そろそろ夏服が着たいけど、まだ少し肌寒いかな〜?という春の気温23度の日は、小物で季節を先取りするのがいいかも。大人のリラックス感漂う服装にクリア小物をプラスして、コーデをほんのり夏モードにシフト!

梅雨のジメジメを吹き飛ばす鮮やかカラー

ピンクワンピースにデニムジャケットと黒スニーカーの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

ジメッとした梅雨の時期も、最高気温23度くらいの日が多いです。梅雨時期はどんよりした日が続いて気分が上がらない人も多いはず。鮮やかなピンクのワンピースで、梅雨の憂鬱を吹き飛ばしちゃいましょう!梅雨時期に雨が降るとグッと気温が下がるので、羽織りものを用意するのを忘れずに。

ジャケットをさらっと羽織って

カーキジャケットに黒パンツと赤スニーカーとクリアバッグの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

最高気温23度は梅雨で雨が降っていれば長袖でもちょうどいいですが、日差しがあると暑く感じることもあります。でも半袖はまだ早いかな…という時は、袖を通さずにラフにジャケットを羽織るのがGOOD!こなれ感を演出しつつ温度の調整もできちゃうので、季節の変わり目にはお世話になりそうなテクです♪

最高気温23度の日にぴったりな服装【秋編】

続いては秋の最高気温23度(22度〜24度)の日にぴったりな服装をご紹介。夜は肌寒いので、ニットなど暖かみのある秋素材の服を取り入れるのがポイントですよ。

秋の最高気温23度(22度〜24度)の日の服装は…?

半端袖のニットトップスが使える!

黒半端袖ニットトップスにベージュスカートの気温23度の日の女性の服装出典: ZOZOTOWN

半袖にしようか長袖にしようか、服装に悩む秋の最高気温23度の日には半端袖のトップスがあると重宝しそう♪薄手のニット素材をチョイスすれば、秋らしいあたたかみはありつつも気温23度にマッチするレディースコーデに仕上がります。

Tシャツ×ニット

白Tシャツにブラウンニットスカートとクリアバッグの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

秋に半袖を着るなら、ほっこり感たっぷりなニット素材のスカートと合わせたミスマッチコーデを作ってみては?軽やかさを底上げしてくれるクリア素材のバッグをプラスすれば、最高気温23度だからこそできる秋のレディースコーディネートの完成です♡

ブーツをIN

シースルー黒花柄ワンピースに黒ショートブーツの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

透け感のあるレディースらしい花柄ワンピースは、ダークなトーンをチョイスすれば秋の気温23度の日の服装にぴったり♪足元はショートブーツを投入して重厚感を出せば、一気に秋っぽさが加速します。

Tシャツ×秋っぽアイテム

カモフラージュ柄ジャケットにブラウンタイトスカートの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

秋の最高気温23度の日にTシャツを着るなら、やっぱり羽織ものが頼りになります♡ボトムスも秋っぽいデザインをチョイスしておけば、昼間はTシャツ一枚でもちゃんと季節感のあるレディースコーデが叶いますよ。

春・秋の最高気温23度の服装はこれで迷わない♪

黒長袖ブラウスにベージュチノパンツと黒スニーカーの気温23度の日の女性の服装出典: WEAR

春・秋の最高気温23度の日の服装選びのポイントと、気温23度(22度〜24度)の日にぴったりなレディースコーデを春(梅雨)と秋に分けてご紹介しました。長袖なのか半袖なのか…ニットを着たらおかしいのか…など何かと悩むことの多い春・秋の気温23度の日のコーディネートですが、ポイントをおさえておけば服装選びに困ることがなくなりそうですね。”気温23度の日って何着たらいいんだろう?”と悩んだら参考にしてみてくださいね♪

この記事もチェック
◆記事制作協力

日比理子(ひびみちこ)
ファッションブロガー/1級カラーコーディネーター国内系客室乗務員として10年間勤務後、2013年小学館『Domani』でファッションブログをスタート(現在はアメブロに移行)。
ブログを通じてファッションや色彩関連の発信を始め、雑誌や新聞、TVなど様々なメディアに出演。アパレルブランドとの商品開発も手掛け、著書の累計発行部数は12万部。
近著:宝島社『どんな服を着てもおしゃれに見えない!がなくなる方法教えます』(2020.5)
日比理子オフィシャルブログ

lamireアプリを見てみる

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事