サービス名称を lamire に変更いたしました。

トップス”前だけIN”はもう古い!全部INか全部OUTが最旬コーデです

薄着になる夏は、トップスINするかOUTするかでコーデの印象が大きく変わるもの。使うアイテムや演出したいテイストによってもどちらが◎か違ってくるから何だか難しい…?そんな夏のトップスIN・OUT問題を解決するコツ、こっそり伝授しちゃいます♡

夏コーデ、トップスINする?それともOUT?

黒のノースリーブブラウスをデニムにOUTして着た女性

出典: WEAR

様々なアイテムを重ねてレイヤードを楽しめる秋冬とは違い、トップス1枚で勝負することが多い夏。だからこそ、トップスをINするかOUTするかはコーデの完成度を左右する重要なポイントでもあります。少し前までは前だけINが主流でしたが、それはもう古いかも!?

 

きりっとINしてスタイルUPを狙うもよし、ゆるっとOUTしてリラックス感を演出するもよし。夏のトップスIN・OUT問題、あなたならどう解決する?

 

 

 

ハイウエストのパンツが主流だから

ここ数年、パンツのデザインはハイウエストが主流です。2018夏もその傾向は強く、神デニムと絶賛されたデニムもほとんどが腰位置を高く見せられるハイウエスト。そんなハイウエストパンツに潔くトップスINして、お手軽にスタイルUPを叶えちゃいましょ♡

 

白TをハイウエストデニムにきっちりINした女性

出典: WEAR

白T×デニムのような定番コーデほど、シルエットにトレンドの影響が大きく出やすいもの。Tシャツの前だけをINするよりも、全部INする着こなしが今の気分。キュッと上半身をコンパクトにまとめることで、脚長効果も倍増しますよ。

 

キャメルのブラウスをベージュのパンツにゆるっとINした女性

出典: WEAR

ベージュのリネンパンツは、さらりとした風合いやワイドシルエットがリラックスムードたっぷり。こんなパンツには、トップスをゆるっとINするのがおすすめ。ほんの少しの生地のゆるみが、こなれ感をプラスしてくれるんです♡

 

ピンクのキャミソールを黒スキニーにINしてブラウンの花柄ガウンを羽織った女性

出典: WEAR

トップスを全部INする際に、どうしても気になるのがウエスト周り。スキニーなどタイトなシルエットのパンツならなおさらです。そんなときは、羽織りものをプラスするのもひとつの手。透け感のある花柄ワンピをさらりと羽織れば、軽やかに体型カバーができちゃいますね。

 

 

 

スカートにもトップスINしてみましょ

パンツと同様に、スカートもトップスINすればスッキリとした印象に。特にボリュームのあるマキシ丈のスカートなどは、トップスをキュッとコンパクトにまとめることでバランスよく履きこなすことができます。カジュアルなアイテムを使った着こなしでも、きちんと感を出せるのが大人女子には嬉しいですね。

 

黒のノースリーブトップスをパープルのチェックスカートにINした女性

出典: WEAR

鮮やかなパープルとオレンジの配色が目を引くチェック柄のスカートに、黒のノースリーブTシャツをIN!タイトにまとめたトップスが、たっぷりとフレアを取ったマキシスカートのシルエットを引き立ててくれますよ。

 

白のロゴTシャツをカーキのベルト付きフロントボタンスカートにINした女性出典: WEAR

ウエストベルトやフロントボタンなどディテールに凝ったスカートも、トップスINしてこそ着映えが叶います。高い位置でのベルトマークでウエストを強調すれば、グラフィカルTシャツとカーキスカートのクールなコンビに女性らしさをほんのりとプラスすることができちゃいますね。

 

ベージュのTシャツを黒のタイトスカートにゆるっとINした女性

出典: WEAR

しなやかに身体に沿うスウェット素材のストレッチタイトスカートには、あえてサイズUPしたTシャツをゆるくINしてシルエットにメリハリを出して。着ていて楽チンなアイテム同士の組み合わせでも、きれいめな雰囲気に仕上げられるのがトップスINの魅力です♡

 

 

 

OUTするのはこんなとき!

スキニーパンツにビッグシルエットのトップスを合わせるときなど、逆にトップスをOUTした方がいい場合もあります。リボンベルトやシャーリングなどウエスト周りに装飾があるデザイントップスも、せっかくならOUTしてそのかわいらしさをアピールしたいですよね♪

 

イエローのティアードブラウスをスキニーデニムにOUTして着た女性

出典: WEAR

トレンドライクなティアードデザインのブラウスは、トップスOUTしてウエスト周りをカバーしつつデザインの愛らしさをとことん満喫。それでいて淡色のスキニーデニムがブラウスの甘さを程よく引き算してくれるから、まさに好相性の組み合わせです。スキニーの裾を折って足首をのぞかせると、甲を見せることができないスニーカーでも脚を長く見せることができますよ。

 

ブラウンのペプラムニットを黒のドット柄パンツにOUTして着た女性

出典: WEAR

ウエストがシェイプされたペプラムニットも、裾のフリルをOUTすればガーリーなパンツコーデに。合わせたのは可憐なドット柄のワイドパンツですが、こっくりとしたチョコレートブラウンとブラックのビターな配色なら大人の雰囲気で着こなせます。

 

裾がスカラップになった白のレースブラウスをカーキのスカートにOUTした女性

出典: WEAR

裾にスカラップがほどこされたレースブラウスを、カーキのAラインスカートにOUTして。重心が下がりがちなAラインのマキシ丈スカートでも、コンパクトな着丈のトップスを合わせればベストバランス♡華やかなデザインを隠すことなく、フェミニンなXラインコーデが楽しめます。

 

 

 

いつものトップスも、OUTするのが逆に新鮮♡

実は今、これまでなら普通にINしていたトップスをOUTする着こなしが、おしゃれさんの間でじわじわと人気なんです。ウエスト周りを気にしなくてもいい上に、ちょっぴり力を抜いたリラックス感のある雰囲気に仕上がるから、これは何とも嬉しい傾向♡同じアイテムでも、そのときの気分やなりたいイメージに合わせてINとOUTを使い分けてみて!

 

ブルーのブラウスをカーキのパンツにOUTして着た女性出典: WEAR

ワイドシルエットのチノパンツやベイカーパンツにはトップスINするのがこれまでの定石でしたが、ふんわりとしたコットンブラウスをOUTしてみたら何だか新鮮な感じ。おまけにストレスフリーに肩の力を抜いた着こなしも楽しめるし、クセになっちゃいそう♡ロイヤルブルーなどきれい色を投入すると、ラフになりすぎることもありませんね。

 

白の赤ロゴTシャツをデニムにOUTして着た女性

出典: WEAR

トップスINが定番の白T×ハイウエストデニムでも、ぜひTシャツをOUTにする着こなしを試してみて。ゆるすぎずタイトすぎないジャストなサイズ感が、逆にいつものコーデをリフレッシュしてくれます。ガチャベルトの先を垂らして縦のラインを強調したり、Tシャツのロゴとカラーリンクする小物をアクセントに使ったりと、手抜きに見えない工夫もマスト!

 

ベージュのTシャツをドット柄のスカートにOUTして着た女性

出典: ZOZOTOWN

ボリュームたっぷりのティアードスカートはとってもガーリー。トップスを外に出すと野暮ったくなっちゃいそう…。でも、思いきってベージュのTシャツをゆるっと合わせてみたら、キメ過ぎない感じが何だかこなれて見える!いつものMIXコーデとは違うベクトルのこの着こなし、要チェックかも♡

 

 

 

トップスのINとOUTを極めちゃお♪

黒ブラウスにパンツを履いた女性出典: ZOZOTOWN

それぞれに魅力がある夏コーデのトップスINとトップスOUT。どちらが正解でどちらが不正解ということはないから、状況に応じて使い分けられるようにするのがベスト!着こなしの幅も広げられるし、おしゃれの腕もグンと上がっちゃうこと間違いナシですよ。

[記事公開日]2018.8.18 [最終更新日]2018.8.21

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県