サービス名称を lamire に変更いたしました。

旅行は身軽がいい!コスメや化粧水類をコンパクトに持ち歩く4つの方法

夏は絶好の旅行シーズン。友達や彼氏と夏休みの予定を立てている人も多いのではないでしょうか?その際、ちょっぴり頭を悩ませるのが、化粧水などのスキンケアアイテムや、コスメの持ち歩き方。そのまま持っていくと荷物がとんでもなくなるので、4つの方法でコンパクト×手軽に収納するのが賢い!これを実践すれば荷物が1/3に減っちゃうかも!?

楽しい旅行は”身軽”がいいに決まってる!

夏は絶好の旅行シーズン。夏休みを利用して、バカンスに出かける女性も多いのではないでしょうか?その際、地味に悩むのが化粧水や乳液、美容液…など意外と量が多いスキンケアアイテムや、コスメ類の持ち歩き方。そのまま持っていくのはかさばるし、かといって容器を買うのももったいない。

今回はそんなお悩み女性に向けて、コンパクト×楽チンすぎる4つのアイデアをご紹介。これを見ると荷物が半分どころか1/3に減っちゃう?旅行の予定がある人は、ぜひ参考にしてみて!

 

 

 

コンパクト&楽チン♡美容アイテムの持ち歩き方

化粧水は「ストロー」に入れて持ち歩けます

化粧水やクレンジングなど、比較的さらっとしたテクスチャーのものは「ストローパッキング」がおすすめ。SNSでも話題になったので知っている人も多いかもしれませんが、改めて手順を紹介していきますね!

 

 

使うものはこの5つ!

「ストローパッキング」に使うのは、細めのストロー、ストレートヘアアイロン、ハサミ、キッチンペーパー、そして中に詰める液体(化粧水やクレンジングなど)の5つです。

 

 

それはそれは簡単に作れちゃうんです♡

まずハサミでストローの片端(曲がる方)をカットします。

 

次に、ストレートヘアアイロンを使って、ストローの端部分を温めてくっつけていきますよ。(これはどちらの端でもOK) 直接挟むとストローがドロドロに溶けてしまうので、キッチンペーパーを間に入れて。手持ちのアイロンにより温度は異なりますが、私は170度で7〜8秒ほど挟みました。

 

ストローの端が熱でくっついたのを確認したら、中に化粧水やクレンジングオイル…など旅行先に持っていく液体を入れていきます。

 

写真のようなポンプタイプのものなら詰め替えも楽チンですが、そうでない場合は100均やドラッグストアで売っている化粧品用スポイトで移し替えましょう。この時、たくさん入れすぎるとストローから溢れてしまうので、1回に必要な分だけを移し替えていくのがポイント。

 

ここまできたらもうちょっと。ストレートヘアアイロンを使用し、もう一方の端も溶かしてくっつけていきます。

 

所用時間2分ほどで作ることができちゃいました。中に入っているスキンケアの種類がわかるように、外側に名前を書いておくと◎端をテープで止めておけば、液体が漏れ出る心配もありませんね。使い終わったらプラスチックゴミとして旅先で処分できますよ。

 

 

短期間の旅行なら「コットン」に適量染み込ませていくのがおすすめ

1泊や2泊…など短めの旅行の時は、コットンに化粧水やクレンジングを染み込ませていきましょう。スキンケアとコットンをわざわざ分けて持っていく必要がないですし、チャック付きの袋に入れて持ち歩けばこれまた実にコンパクト♡

酸化により成分が劣化する恐れもあるので、短期間の旅行の際に試してみて。これも1分〜2分あれば準備できちゃうので、すごく楽チンですよ。

 

 

乳液や化粧下地は「コンタクトケース」が便利

乳液や化粧下地…など、とろっとしたテクスチャーのものは「コンタクトケース」が便利です!コンタクトケースは密封性が高く、どんな風に持ち歩いても漏れる心配がありません。

SNSを見ていると、化粧下地×リキッドファンデや、乳液×美容液…など、セットで使うものを1つのケースに詰め替えている人が多いみたい。確かに1回1回探す手間が省けるので、スキンケアやメイクの時短にも繋がりそうですね。コンタクトケースであれば、自宅に1つはあるという人が多いのではないでしょうか?♪

 

 

日焼け止めは100均で買える「詰め替えチューブ」に!

押し出してたっぷりと使いたい日焼け止めは、100均で売っている「詰め替えチューブ」が便利。キャップを外して楽〜に詰め替えることができるので、手間も時間もかかりません。

日焼け止めをそのまま持っていくより遥かにコンパクトなので、こちらもかなりおすすめのアイデア。今回はダイソーで購入しましたが、セリアにもありましたよ。近くにお店がある人は、ぜひ探してみてください。

 

 

 

コスメはオリジナルの「メイクパレット」がおすすめ!

では、かさばるコスメは?これは必要なコスメだけを集めて作れる、オリジナルの「メイクパレット」がおすすめ。オリジナルということで作り方は様々ですが…。今回は私も作ったことがある、「無印のカードケース」を使った方法をご紹介します。

 

 

必要なのはこれだけ!

用意するものは、無印のカードケース(今回はアルミ製・40枚入るもの)と、使用する化粧品だけです。私はコスメも全て無印で購入しました。

 

 

不器用さんでも作れます♡

このメイクパレット見た目はおしゃれなんですが、作り方はとっても簡単!コスメをケースから取り外し、カードケースに貼り付けるだけ。無印のコスメの場合、元々詰め替えできる作りになっているので、取り外すのがすごく楽チンなんです♡

 

バランスを見て、必要であれば両面テープを使いながら、1つずつ貼っていきますよ。作るのにかかった時間はおよそ5分ほど?コスメが驚くほどコンパクトに収まっちゃいます♡

 

「取り外せないコスメの場合は?」「作る時のコツはある?」メイクパレットの詳しい作り方が知りたい人は、こちらの記事↓をチェックしてみてください。

この記事もチェック

 

 

 

ポーチ1つに収まっちゃう!4つのアイデアを試してみて

移動も多い旅行は、やっぱり身軽が一番♡ 4つのアイデアを参考に、コスメやスキンケアアイテムをコンパクトにまとめましょう。

[記事公開日]2018.8.09 [最終更新日]2018.8.13

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県