−5kgの減量に成功!現ダイエッターの私が教える痩せるための13カ条

「痩せたい!」とダイエットに励んでいる女性も多いのではないでしょうか?実は私もその一人…。健康的に痩せるため、日々の生活を見直しています。今回はそんな現ダイエッターの私が、痩せのために意識していることをいくつかご紹介します。はじめにお伝えすると、私は1ヶ月で−5kgの減量に成功しました!人によってはハードと感じる1ヶ月かもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください。

−5kgを叶えた私が痩せる為に始めたこと

「痩せたい!」とジムやエステに通ったり、食事制限をしたり…ダイエットに励んでいる女性も多いのではないでしょうか?実は私もその一人。ある日いきなり「ダイエットしよう!」と決心し、そこから1ヶ月ほどで−5kgの減量に成功しました。

元々の体質や習慣もあるので、「これをすれば必ず痩せる」ということは言えないのですが…。私が実際にこの1ヶ月で痩せる為に始めたこと、また意識したことをできるだけ詳しくご紹介していきます。−5kgということでなかなかハードな内容ですが、現ダイエッターの声としてぜひ参考にしてください。

 

 

 

意識を変えるだけで痩せに繋がる!【習慣の見直し】

ダイエット成功のために見直すべきは、習慣・食事・運動です。まずは意識するだけで痩せに繋がる”習慣”からご紹介します。

 

 

①毎日体重計にのる

「毎日体重計にのる」これはダイエットの基本です!私は数字の増減に悩まされるのが嫌なので、一番身軽であろう朝に計測するようにしています。毎日計ることで、体重の増減の法則が掴めてくるんです。

例えば、「塩分を多めにとると体重が増えやすい」「野菜ならたくさん食べても体重が増えにくい」など、自分しか分からない体の法則がつかめてきます。

 

私は元々「体重を5kgは落としたい」と思っていたので、この体重チェックだけは欠かさず行っていましたよ。もちろん減っていることもあれば、増えていることもありましたが、あまり落ち込みすぎず「今日は運動を多めにしよう」などその日の行動を決める参考程度に捉えていました。

 

 

②全身鏡で体のラインをチェックする

ダイエットを始めてからは、全身鏡の前で体のラインも欠かさずチェックしています。正直言うと、はじめは本当に嫌だったんです!でも、体重が減るごとに「セルライトが減ったな〜」とか「背中が引き締まったな〜」とか、体の微妙な変化にも気づけるようになってきて…。

 

体重計にのっているだけでは気づけないことも多くあったので、チェックするようになってよかったなと今は思っています。

 

 

③常に色んな場所から情報収集。自分に合う方法を探す

ダイエットを成功させる為には、情報収集も大切。私はビューティー雑誌やインターネット、そしてYouTubeまで、くまなくチェックして自分に合うダイエット法を模索しました。大切なのは全てを鵜呑みにするのではなく、信憑性はあるか、身体に負担はかからないか、リバウンドの可能性は…?などしっかり見極めることです。

見極めるためにはそれなりの情報を収集する必要があるので、気になったものは全て目を通すくらいの勢いで情報に貪欲になりましょう。

 

 

④身体を冷やさない工夫をする

痩せたいなら身体を冷やさないことも大切です。身体が冷えると血流が悪くなり、老廃物が体内にたまりやすくなるってよく聞きますよね。この老廃物がむくみ、そしてセルライトの原因に繋がるので、身体を冷やさない工夫が必要なんです。

クーラーが効いた場所では靴下を履く、お水は常温orホットを飲む、できるだけ湯船に浸かるようにする…など、対策方法はさまざま。私はそれに合わせて漢方も摂取するようにしています。身体が内側から温まり、代謝も上がるので、以前より冷えを感じることが少なくなりました。冷えは女性にとって大敵なので、しっかりと対策しましょう。

 

 

 

体重減量はこれが大きい!【食生活の見直し】

次は痩せに繋がる食事について。ダイエット開始すぐにしたこと、そして今も続けていることをご紹介します!

 

 

①糖質中毒から脱却!炭水化物を1週間抜く

まずダイエット開始から1週間、お米やパン、麺類などの糖質を抜いて食事しました。というのも、そもそも私は炭水化物がとにかく好きで、朝はおにぎり、昼はグラタン、夜はパスタなんていう生活をしていたんですね。「これはさすがに食べすぎだよな〜」という自覚があったので、1週間完全に抜いて糖質中毒からの脱却を目指しました!

すると……?それだけでするすると体重が落ちて、今は1日60g(ご飯一杯分)の糖質でも満足できるようになりました。みなさんの中にも私と同じように糖質中毒の人がいるかもしれないので、一度スパッと完全に断ち、中毒から抜け出すことをおすすめします!

 

 

②水は1日1リットルを目標にする

痩せ体質を作るために大切なのは水をたくさん飲むこと。水を飲むだけで血糖の濃度が薄まり、細胞の代謝も上がります。これは以前通っていたエステの方に教えていただいたのですが、水は最低でも1日1リットルを目標に。可能なら2リットルは飲むとベストです。その分トイレに行く回数も増やし、排出しやすい身体作りをすることが重要なのだとか。

私もはじめは無理して飲んでいましたが、今は余裕で1リットル飲めるようになりました。体質にもよると思いますが、便秘も改善されるのでぜひ試してみてほしいです。

 

 

③お菓子を買う時はカロリーより原材料をチェックする

ダイエット中もお菓子は食べたくなりますよね?私もそこは我慢せず、糖質が少ないものを選んで少しずつ食べていました。お菓子選びのポイントはカロリーより裏面の”原材料名”を見ることです。「カロリー0」や「糖質0」の言葉には騙されず、何で作られているのか原材料名を確認しましょう。

知っている人も多いと思いますが、原材料名は含まれている量が多い順に表記されています。例えばチョコなのに「砂糖」が1番はじめにくるお菓子は、カカオの量が少ないのでダイエットには不向き。砂糖や小麦が1番はじめにくるお菓子ではなく、素材が1番はじめにくるお菓子を選ぶようにすると◎

 

 

④20時以降は極力食事を控える

20時以降は食事しないようにしていました。あとは寝るだけ…でカロリーを消費しきれないと思っていたので、20時までに食事をすませ、胃に食べ物が残っていない状態で就寝するようにしていましたよ。

メニューはきのこや野菜がたっぷり入ったスープとか、サラダとかが多かったです。この時も食事と合わせて、水または白湯をたっぷり飲むようにしていました!時には20時以降に食べてしまうこともあったのですが、変に自分を責めすぎず、「いつもより長めにお風呂につかろう」とか「きつめの腹筋を30回してから寝よう」とかうまいこと気持ちもカロリーも”リカバリー”しています。

 

 

⑤飲み会・食事会の日はカロリミットを摂取する

20時以降食べないと言ったけど、飲み会や食事会がある日は一体どう対処していたのか?私は「カロリミット」を飲んでから参加するようにしていました。そして、普通に食べていました(笑)。

「太るかも」と思って食べるより、「カロリミット飲んだから大丈夫でしょ」と思いながら食べる方が食事を楽しめましたし…。実際に500gくらいしか体重も増えなかったんです!それくらいであれば2〜3日でリカバリーできるので、今もこれは続けています。食べる時は遠慮せず食べる、節制する時はきちんと節制する、メリハリをつけてストレスを貯めないことが大切です!

 

 

 

落ちた体重が増えにくくなる【運動面の見直し】

最後は健康的に痩せるためには欠かせない、運動について。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

①運動が好きになるまでジムに通い続ける

痩せるためにジムに通おうと思っている女性も中にはいるはずですよね。正直ジムってはじめは全然楽しくないです!鍛えられているのかどうかも正直よくわかんないし、今までやってこなかったというのもありますけど筋トレって本当にきつい。でもそこでめげずに、運動が、筋トレが好きになるまで連日通うことが大切ですよ!

私も通い始めて1ヶ月くらいでやっと筋トレのコツがつかめてきましたし、体力もつきました。今では「ジムに行きたい!」とそわそわしちゃうくらいなので、きつくてもくじけずに続けるようにしましょう。

 

 

②歩ける距離は極力歩く。可能な範囲で階段を利用する

酷暑の日は厳しいですが、涼しい日は積極的に歩く時間を作りましょう。私は日が沈んだ夜に歩くようにしていました。ウォーキングは運動の基本!脂肪の燃焼にも繋がりますよ。

また、階段とエスカレーターがあったら、できる限り階段を利用するように…!日々の積み重ねが痩せに繋がるので、楽をせずしんどい方を選びましょう!

 

 

③お風呂上がりには簡単なストレッチを取り入れる

そしてお風呂上がりには簡単なストレッチも取り入れていましたよ。

そもそもは筋肉痛を和らげるために始めたものでしたが、お風呂上がりにストレッチするとそれだけで身体が温まる!アキレス腱や太ももの裏を伸ばす簡単なストレッチでしたが、効果は絶大でした。ストレッチをすると血行が促進され代謝も上がるそうなので、みなさんも簡単なものから始めてみてくださいね。

 

 

④眠くてもだるくてもマッサージだけは徹底する

私が痩せた今でも続けていること、毎日の脚のマッサージです!これはどれだけ眠くても、疲れていても、必ず行うようにしています。

リンパに沿って、下→上に向かってマッサージ。ギュッギュっと押したり、指先でつまんだり…「お肉よ柔らかなくなれ〜」「むくみなくなれ〜」と思いながら毎日必死に続けています。はじめは痛いんですが、続ける内にお肉が柔らかくなり、徐々に気持ちよくなっていきます。ローラーを使うと楽にマッサージできるので、お店に立ち寄った際にチェックしてみるといいかも!

 

 

 

体質・習慣は改善できる!

プロではないのでタメになることもあれば、ならないこともあると思いますが…。私はこの方法で成功して今もリバウンドしていないので、周りの人にもおすすめしています。自分にも自信を持てるようになったので、みなさんも無理のない範囲で楽しくダイエットに取り組みましょう。

[記事公開日]2019.12.06 [最終更新日]2020.1.27

NEW POST

ビューティーの新着記事

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事