コーディガンのレディースコーデ特集!冬から春に着まわせるおしゃれな着こなし方を紹介!

[記事公開日]2018.2.07
[最終更新日]2020.3.09

コートとカーディガンのいいとこ取りアイテムであるコーディガン。カーディガン感覚で着られるコーディガンは、レイヤードの仕方次第でたくさん着回せるんです。冬はもちろん、コートを着るほどでもないけど肌寒い…という春先まで、コーデで大活躍ですよ♡

今更聞けない!コーディガンって?

コーディガンは、2020年の秋に登場した言葉で「コート」と「カーディガン」を合わせた造語のこと。コートよりも薄手でカーディガンよりも肉厚なので、季節の変わり目や気温が不安定な時に使いやすいアイテムです。

黒コーディガンにデニムパンツに白カットソーコーデ出典: ZOZOTOWN

見た目の特徴は、膝丈くらいまであるものが多く、形がしっかりしているのでカジュアルになり過ぎず羽織るだけでこなれ感を演出できます♪コートよりも薄手なので旅行などでもかさばらないメリットがありますよ。冬から春にかけて使えるので、コーデに取り入れてみてくださいね。

 

冬から春先はコーディガン×アウターを組み合わせて

コーディガンはアウターとしても機能しますが、冬から春先はプラスでアウターを着るのもありです!コーディガンの丈が長めなので、丈が短めのアウターを中にレイヤードするとGOODバランス。

コーディガンにライダースインしたコーデ出典: ZOZOTOWN

コーディガンの中にライダースジャケットをインすれば、風の強い日でも防寒はばっちり。ショート丈かつ襟があるのでゆったりしたコーデを引き締め、上半身に目が行くのでスタイルUP効果も期待できそう。冬はインナーにニットをインして、春にはカットソーにチェンジで冬から春まで着回せます。

 

コーディガンにGジャンインのコーデ出典: WEAR

コーディガンもデニムジャケットもカジュアルなアイテムですが、レイヤードするとこなれ感が増して大人のカジュアルスタイルに。コーディガンの袖口を折って少し覗かせるのもGOOD。春には白のスニーカーや小物で爽やかさを出して♪

 

好バランスはコーディガン×ハイウエストボトムス

ハイウエストのボトムとゆったりしたカーディガンを合わせるとバランスがよく見えて脚長効果も♡コーディガンはスタイルアップもできる優れものです。

グレーコーディガンにグレーハイウエストパンツのコーデ出典: WEAR

コーディガンもワイドパンツもグレーで統一したシンプルな着こなし。冬仕様ならパンツのカラーをコーディガンのグレーよりも濃いめにし、春先は白に近いアイスグレーにすると季節感が出て◎足元は甲が見えるシューズで抜け感を。

 

白コーディガンにハイウエストスカートのコーデ出典: ZOZOTOWN

コーディガンとスカートを暖色系でまとめると、暖か見え!寒い時期はハイネックでOKですが、春先は襟元が開いているトップスをチョイスすると春らしさと女性らしさがどちらも手に入ります。

 

ライダースにコーディガンをレイヤードしてボトムはデニムのコーデ

出典: WEAR

ベージュのコーディガンと薄色デニムが春らしいコーディネートは、ライダースジャケットをレイヤードして差し色と寒さ対策を。ライダースのハードさをブラウンのバッグとシューズが調和して柔らかい印象になっていますね。

 

楽チンさ重視ならコーディガン×ワンピース

通年使いやすいワンピースなら楽さ重視のコーディネートに。コートより軽めのコーディガンだからこそロングのワンピースでも相性◎リラックスムードも演出できます。

白コーディガンに赤のマキシドレスのコーデ出典: WEAR

コーディガンに小花柄マキシワンピースを合わせたコーディネート。ロング丈×ロング丈でも、足元をバレエシューズやスリッパサンダルにすると重くならずに着こなせます。春先にはタイツを薄いグレーやソックスに変えるとレトロなムードもでて個性派コーデに。

 

茶色コーディガンに黒マキシワンピースのコーデ出典: WEAR

コーディガンもワンピースも無地の場合、ストンとした落ち感があって余裕のある大人な雰囲気に。冬はレザーのブーツ合わせがかわいいですが、春には白やアイボリー系のスニーカーを合わせると爽やかさが出ます。バッグも小さめショルダーにチェンジして軽さを意識したスタイリングに。

 

丈長めのコーディガンだから出来る!ゆるゆるコーデ

丈長めのコーディガンのいいところを利用してゆるゆるコーデを。野暮ったく見えない色を使うのがポイントです!

ベージュコーディガンのゆるゆるコーデ出典: WEAR

肌見せはゼロですが、小ぶりスニーカーにすることでバランスが取れます。ラベンダーカラーなどピンクベースのカラーをトップスに持ってくるとコーデが春仕様に。コーディガンに腕を通さず肩がけすると簡単にこなれ感がUPします。

 

ピンクコーディガンにワンピースとプリーツスカートレイヤードコーデ出典: WEAR

ロング丈ニットとプリーツスカートを合わせた上級者コーデですが、ピンクやブルーを使うことで冬にもしやすい春色スタイリング。春本番にはミディ丈のふわっとしたチュールスカートに変えると軽やかに見えます。足首見せと短めショルダーバッグで抜け感をプラスすると◎

 

冬から春まで絶対使えるのはこの2色

コーディガンを冬の終わりに買うなら、春も秋も使えるカラーを選ぶのが賢い!この2色は絶対使えるので抑えておいて間違いないです。

 

カーキ

カーキのコーディガンに白トップス黒ボトムのコーデ出典: ZOZOTOWN

カーキは冬のタイツを履く時期でも黒タイツに同化せず、黒より明るいカラーでこなれた印象に。春先には明るいカラーと合わせるのがGOOD!くすみのないカラーと合わせるとメリハリがでます。

 

ピンク

チェリーピンクのコーディガンに白カットソーにデニムパンツのコーデ出典: ZOZOTOWN

ピンクのコーディガンは目を惹く華やかさがあるので、シンプルコーデに羽織るだけで印象がグッと変わります。冬は中に黒のライダースをインして着るとコントラストがキレイに。2020年の春にはトレンドカラーとしてプッシュされている色味なので一枚あると便利です♪

この記事もチェック

 

季節の変わり目はコーディガンが使えそう♡

白タンクトップにデニムとコーディガンを着た女性出典: WEAR

日によってアウターとしてもカーディガンとしても使えるコーディガン。かさばらないので気温が微妙な冬から春にも使いやすいですよ♪スタイルアップも狙えていいことだらけなのでたくさん着回してくださいね。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事