去年の夏服、今年も着たいけど…これってダサ見え?それともOK?

去年の夏服を、今年の夏コーデに活用しても大丈夫?お気に入りのアイテムだったから今年も着たいけれど、流行遅れのダサい人認定されるのは絶対にイヤ!そこで、去年のトレンド服の賞味期限を厳しくチェック。今年の夏も使えるアイテムを発掘しちゃいましょ♡

去年の夏服、今年も着られる?

白のバックプリントTシャツにベージュのフレアスカートを合わせた女性

出典: WEAR

お気に入りだった去年の夏服を今年も着たいけれど、もしかしてもう流行遅れ?「あの人、懐かしい服を着てる…」なんて、みんなに思われちゃいそう?そこで、去年の夏服の賞味期限をまとめてチェック!去年の夏服から、今年の夏もおしゃれに着られるアイテムを見つけ出しちゃいましょ♡

 

 

 

アースカラーアイテム▽ブーム継続中◎

去年の夏、みんながこぞって着ていたブラウンやベージュ、カーキといったアースカラー。その人気は今年の夏も継続中です。より今年っぽく着こなすなら、白を合わせてさわやかに仕上げたり、リネン素材に注目するのがおすすめですよ。

 

 

白と合わせるのが気分

白のタンクトップにカーキの開襟シャツを羽織って、ベージュのパンツを合わせた女性

出典: WEAR

カーキの開襟シャツのINにホワイトのタンクトップを仕込めば、2019夏トレンドのサファリテイストに。こなれ感あふれるライトベージュのワイドパンツを合わせて、リラクシーな着こなしに仕上げるのも素敵ですね。

 

 

リネン素材ならよりイマっぽい

ブラウンのTシャツにベージュのラップスカートを合わせた女性

出典: WEAR

この夏注目のリネンをアースカラーで取り入れると、イマっぽさがグンとUPします。たとえばこちらのベージュのラップスカートは、からりとした風合いが涼しげなリネン混素材。ブラウンのコットンTシャツをトップスに選んだら、かごバックやトングサンダルを添えてナチュラルコーデを楽しんで。

 

ベージュのリネンワンピースを着た女性

出典: WEAR

たっぷりとしたシルエットのリネンワンピースは、そのまま1枚で着てもベルトなどでブラウジングしても、甘すぎずサラッと着られそう♡シンプルなデザインだから、ホワイトのバレエシューズで抜けを出したり、レトロなスカーフをきゅっと首に巻くなど、小物にこだわるのもGOOD!

 

 

 

肌見せトップス▽アイテムを吟味して!

涼しげな肌見せトップスは、暑い夏だからこそ楽しめるアイテム。さりげない女っぽさを演出できるのも嬉しいポイントですよね。でも、アイテム選びは慎重に!ここ数年人気だったオフショルダーに代わって、2019夏はワンショルダーやバックシャンな背中開きトップスが注目を集めているんです。

 

 

オフショルはちょい古っぽ

黒のワンショルダートップスにデニムを合わせた女性

出典: WEAR

肌見せトップスの代表格だったオフショルダートップスですが、2019夏は残念ながら古っぽアイテムに認定されてしまいそう。両肩が露わになるため、色っぽくなりすぎるのも今となっては気になるところですよね。

 

 

ワンショル・背中開きは◎

白のワンショルダータンクにキャメルのパンツを合わせて、黒い半袖ワンピースを羽織った女性

出典: WEAR

同じく肩が出るトップスでも、ワンショルダーなら2019夏のトレンドど真ん中!オフショルダーより露出が減る分、グッとチャレンジしやすいんです。しかもアシンメトリーなデザインは、羽織りものをプラスしてもバッチリ楽しむことができますよ♡

 

背中の開いたボーダーTシャツにベージュのスカートを合わせた女性出典: ZOZOTOWN

正面はプレーンなトップスながら、後ろ姿に華がある背中見せトップスも引き続き人気の予感です。定番のボーダートップスだからこそ、大胆に背中が開いたバックオープンTシャツをチョイスして、ヘルシーな肌見せを叶えちゃうのもアリ◎

 

 

 

ボタニカル柄▽旬は過ぎた…?

甘すぎない花柄アイテムとして、2018年夏はボタニカル柄のアイテムがトレンド入りしていました。その分、2019夏はちょっぴり懐かしいと思われてしまうかも…。

 

オレンジのノースリーブトップスにボタニカル柄のフレアスカートを合わせた女性

出典: WEAR

普通の花柄と異なり、木の葉や茎などもモチーフにしているのがボタニカル柄の特徴。中でも大柄でカラフルなものは、去年っぽさが強い上に野暮ったく見えてしまいそう。

 

 

小花柄にシフトがおすすめ

白のビッグTシャツに黒の小花柄プリーツスカートを合わせた女性

出典: WEAR

甘さを抑えた花柄コーデを楽しみたいなら、2019夏は小花柄を選んで。黒ベースのものだと、よりクールな印象に。ビッグTシャツをゆるっと合わせたり、スニーカーやボディバッグなどスポーティーな小物をプラスして、とことんカジュアルに着こなしちゃいましょ。

 

 

トレンド感があるのはペイズリー柄

白のタンクトップにブラウンのペイズリー柄のパンツを合わせた女性

出典: WEAR

柄アイテムが大豊作の2019夏ですが、中でもレトロなペイズリー柄はトレンド感満点♡ボックスシルエットのタンクトップなどシンプルなトップスに合わせれば、モードなフレアパンツもデイリーコーデに取り入れやすくなりますね。

 

 

 

ビスチェ▽レース系は注意!

シンプルなトップスに重ねるだけでしゃれ感を底上げできるビスチェは、レイヤードが難しい夏コーデのマストアイテムでしたよね。でも、だからこそマンネリを感じているのも事実。2019夏のビスチェコーデには、少し注意が必要ですよ。

 

白の半袖ブラウスに黒のレースビスチェをレイヤードした女性

出典: WEAR

特に要注意なのが、ガーリーなレースビスチェです。シンプルコーデに華やかさをプラスしてくれる便利なアイテムですが、今ではスーパーの衣料品コーナーでも見かけるくらい飽和状態。そろそろ賞味期限切れになっちゃいそう。

 

 

カジュアルなタイプなら◎

白Tに黒のニットビスチェをレイヤードして、ベージュのパンツを合わせた女性

出典: WEAR

ニット素材などカジュアル感のあるビスチェなら、まだまだ活躍させてあげられそうです。でも、あくまで辛口に着こなすのがポイント。たとえばウエストベルト付きのスラブニットビスチェを白Tにレイヤードしたら、リネン混素材のワイドパンツでリラクシーに仕上げてみるのはどう?

 

 

ロングジレを使ったレイヤードも素敵

ベージュのTシャツにブラウンのパンツを合わせて、ベージュのロングジレをレイヤードした女性

出典: WEAR

ビスチェに代わるレイヤード要員として、この夏ブレイクしそうなのがロングジレ。シンプルコーデにサラッと重ねるだけで、簡単に着こなしに奥ゆきが出せるんです。もしジレがなかったら、前開きのノースリワンピで代用しちゃうのもひとつの手ですよ♡

 

 

 

今年の夏は、去年の夏服も賢く使っちゃいましょ♪

ロゴTにカーキパンツコーデの女性出典: WEAR

手持ちのアイテムの賞味期限は大丈夫でしたか?鮮度をしっかり見極めて、去年の夏服も今年の夏コーデに有効活用してくださいね!

[記事公開日]2019.6.13 [最終更新日]2019.6.14

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS