2022.12.26

【お客さんに舌打ち!?】ミスを認めず逃げようとする店員→その“幼稚すぎる手段”に唖然…

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    非常識な店員

    休日に母と二人で買い物をしていた日のことでした。
    趣味で家庭菜園をしているのですが、苗を選びサービスカウンターにお預かりしてもらっていました。

    全ての買い物が終わり、会計に行き「支払いは私と母の苗は別々にお願いします」と店員さんに伝えたのですが、全て一緒の会計になっていたので、もう一度「支払いを分けてください」とお願いしたら、舌打ちをして小声で「面倒くさい」と言われました。

    出典:lamire
    それに私達が聞こえていたのがわかっていたようでネームプレートを手で隠していました。
    そのため注意をしてもらおうとお名前を聞いた所「私もう辞めるので」の一点張りでした。

    結局会計はそのまま…。
    納得できなかった私は、出口付近にいた別の店員さんにこのことを伝えました。

    するとその方が激怒…どうやら店長さんだったようです。
    「お客様になんて失礼な態度をとるんだ!立つ鳥跡を濁さずという言葉を知らないのか!」と彼に一喝してくれました。

    そして店長にもその方にも謝罪して頂き、会計をやり直していただきました。
    スカッとしましたが、こんな悪態をつく店員さんに出会ったことが無かったので、とても驚き、印象に残っています。
    (女性/主婦)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼