2022.9.30

「私たちが奢られるのは当然です!」同僚の送別会を開催。なぜか彼女と子どもを連れてきて?!→”謎の展開”に唖然…<金銭トラブル>

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    送別会にきた余計な参加者

    会社を辞める方のために送別会をしたときの話です。
    1人5000〜6000円程度の会費と言うことで参加していました。

    送別会当日、なぜかその方の彼女さんとそのお子様2人がいました。
    その時は、楽しく飲んだりしていたのですが、いざ会計というときに、1人10000円と言われたので「なぜ、最初言っていた金額より上がっているのか?」と幹事に聞いたところ、彼女さんとお子様の分が入っているのだと…。

    呼んでいない人間が来ていて、その人たちの分まで払うのはおかしいと言うことで、本人たちに言った所…。
    「私たちの分までおごるのは当然、彼の彼女なのだから」と主張しました。

    あきれてしまい、誰もなにも言いませんでした。
    結局支払いはみんなで割り勘に…。

    2次会も行きたいと誘われましたが、みんな余分に出費したのでと断りました。
    結局そのトラブルのせいで、その方とは疎遠になってしまいました。
    (女性/パート)

    久しぶりの再会で飲みにいったら…

    友だちと飲みに行ったときの話です。
    数日前に久しぶりに友人と再会して飲みに行こうという話になりました。

    昔話で盛り上がり、お会計しようとしたら「財布を忘れた」と言われました。
    会計は1万円を超え、お小遣い制の私にとっては痛い出費です。


    次の日に返すと言われましたが、連絡しても返答がありません。
    そのまま友人はお金を返さないまま会うこともなくなりました。
    (男性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼