2022.9.27

店長「なんも終わってないけど、よろしく!」完全に私を舐めている店長に悩まされる日々。→”救世主”が現れ立場逆転♪

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    年下の店長が…

    20歳の頃、某商業施設のテナントにバイトとして入りました。
    数年が経ちバイトリーダー、シフト制作を任せられるようになって来ました。

    時給も上がり喜んでいたのもつかの間、店長が私より若い男性スタッフに変わりました。
    パチンコにいったり、レジ締めの最終確認を押し付けてきたりしてきて、私はサービス残業ばかりでした。

    そんなある日、施設内の他店舗の店長さんがやってきて私をヘッドハンティングしたいと言って頂きました。
    しかし店長が許す訳もなくその話はたち消えに…。

    あるとき、店長が数週間ほど店をあけることになりました。
    店長から電話で「あとのことは頼むよ(笑)俺なんにもやってないけど(笑)」と伝えられ、さすがの私も今まで我慢していたものが決壊してしまいました。


    即、他店の店長さんに「ここで働かせてください」と懇願したところ、なんと社員で雇ってくれることになりました。

    その後1番の人気店だった元勤め先のその店はスタッフ教育等がなっておらず客足は激減…。
    私を雇ってくださった店舗の店長さんはうなぎ登りの成績を残し表彰されるほどでした。

    私が働くお店は盛況で、今も楽しく働いております。
    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼