2022.6.30

ママ友「でも、私の方が稼ぎはいいけどね」在宅で仕事をする私をうらやむママ友。しかい、サラッと”マウント”をとられて…→「なんかムカつく」

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんはいませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    在宅ワークについて…

    完全に在宅で仕事が出来る私。反対に会社に毎日出勤しているママ友。そんな私を羨ましく思ったのか「いいよね在宅って。めっちゃ自由じゃん。
    私なんてさ、毎日満員電車でぎゅうぎゅうにされて、仕事する前から疲れてるし。ほんと、変わって欲しいわー。でも、私の方が稼ぎはいいけどね」と、サラッと自慢を挟んできてムカつきました。

    出典:lamire
    (女性/会社員)

    悲劇のヒロイン気取り

    何が楽しくてそうしているのかは分かりませんが、ことあるごとに悲劇のヒロインを気取っているママ友がいます。

    「いいなぁ、私なんて自分のしたいこと何もさせてもらえないの」「私もあなたの旦那さんみたいな人と結ばれたかったな」「世界で1番不幸な嫁かもしれない」など、それを聞かされたこっちはどう返せばいいのか分からないことを延々口にします。

    (女性/会社員)


    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    以上、ママ友トラブルエピソードでした。

    次回の「ママ友トラブルエピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。