2022.6.27

「子どもに“嫌がらせ”させてる…!?」子ども同士が喧嘩したあと、”娘の私物がなくなる”ように。話を聞くと、大人の力で子どもが利用されてることが発覚…!

皆さんの周りに、困ったママ友さんはいませんか?そんな人とは関わりたくないですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    子どもに協力してもらって…

    小学2年生の娘がいます。
    子ども同士でケンカになり仲直りしたのですが、翌日から鉛筆や消しゴムやノートがなくなることが多くなりました。

    耐えず忘れ物をして帰ることが多くなり、子どもに問いただすと明らかに大人の力で子どもが利用されていることがわかりました。
    抗議に行きましたが親は知らぬ存ぜぬで全く相手になりません。


    出典:lamire
    そこで、相手の子どもに親の力が働いていることを学校で暴露させ、ママ友を撃退することに成功しました。
    親の力は強力ですが、子どもの協力を得て事件解決です。

    (男性/会社員)

    1回断っただけで…

    子どもが幼稚園の年長だったときのママ友の話です。
    話好きで相談に乗ってくれる1人のママ友と仲良くしていました。1度だけそのママ友のお茶の誘いを断ったことがあったのですが、その後そのママ友の態度が激変しました。

    ある朝の登園時に挨拶しても無視され、「地味で気がつかなかった」と笑いながら言われました。
    参観日には私に聞こえるように他のママ友の前で私の子どものことを喋ったり、グループラインでは無視してきたりと明らかに嫌がらせだとわかる行動をとられました。

    それ以降、私は他のママ友からも距離を置かれるようになり子どもの卒園まで精神的にかなり苦しみました。

    (女性/会社員)


    自己中なママ友ですね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う相手には気をつけたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    以上、ママ友トラブルエピソードでした。

    次回の「ママ友トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。