2022.6.23

ママ友「あ、お財布忘れちゃった」買い物に誘われるも、私の車で行く前提のママ友。さらに、お金も立て替えることに…!?→「お金を返す様子もない…」

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんはいませんか?そんなママ友との付き合いは考えてしまいますね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    趣味が合うママ友

    いつもオシャレでキレイなママ友の話です。
    子どもが幼稚園の同級生で仲良くなったママ友なのですが、お互い美容やファッションが好きであっという間に意気投合!

    子ども達が幼稚園に行っている間に頻繁にお茶に行くようになりました。
    初めのうちはお互い気を使わぬよう、外でお茶やランチをしていたのですが、2ヶ月ほどしてママ友の自宅に誘われるようになりました。

    私も誘っていただいたことが嬉しくて、ママ友の自宅にお邪魔…。
    住所を教えてもらって、現地で待ち合わせということで向かったのですが、どうもファミリータイプには見えない、こじんまりしたワンルームの単身向けマンションでした。

    違和感を感じながら友人に案内されてお宅に入ると、そこは自宅ではなく、友人が経営しているサロンでした。
    部屋に入るなりママ友から「お肌の悩みはない?今はマツエクもやってるの!」と、どうやら営業トークがはじまった様子。

    出典:lamire
    仲良くしていたので、強気に出ることも出来ずに雑談の体でいつもの美容トークをしたのですが「今はこういうのがあってね、あなたの年齢だとこういう施術がおすすめよ」と、営業トークから離れてくれません。

    結局、その日はお試しコースをお得に施術されることに。
    施術後もサロンで使用している高価な化粧品の営業でした。

    仲良くなって自宅にも招待してもらえた!と、喜んでいたのに、まさかエステの勧誘をされるなんて。
    子ども同士も仲良しだし、ママ友の人柄は好きなので今も仲良くしていますが、会うときは営業されないように外で会うようにしています。

    ママ友は学生時代の友人と違い、素性が分からないから怖いなぁ…と、もっと警戒心を持たないといけないと感じた体験でした。

    (32歳/主婦)

    お金を返さないママ友

    あるときママ友に「暇だからショッピングモール行かない?」と誘われました。
    ちょうど予定のない日だったのでOKしましたが、うちの車に乗っていく前提で話をしていたようです。

    仕方ないのでママ友とその子どもを乗せて行ったのですが、食事をするときになって「あ、お財布忘れちゃった」と言い出すママ友。
    ママ友の子どもは「お腹すいたよー」と泣きそうになっていて可哀そうだったので立て替えてあげましたが、それ以来顔を合わせても向こうからは一向に返してくれる素振りがありません。

    こちらがしびれを切らして「あのときのお金のことだけど…」と切り出すと、「あ、ごめん。今日お財布持ってないんだ」と逃げられます。
    都合よくたかられたんだなと思うと悔しくなりました。

    (女性/会社員)


    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    以上、ママ友トラブルエピソードでした。

    次回の「ママ友トラブルエピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。