2022.6.20

【誤爆】「時間がとれたよいつもの場所で」クリスマス、子どもと夫の帰りを待つも残業とのこと。でもすぐ“不審なLINE”が届いて…?

皆さんは送る宛先を間違えてLINEを送ってしまった経験はありますか?誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが結構な頻度であるみたいですね。今回はそんな皆さんの投稿から集めた「浮気バレLINEエピソード」をご紹介します。

    「クリスマスに仕事の夫が…」

    ファッション業界コンサルの仕事をしていた夫。
    毎日多忙で年末も忙しく、クリスマス当日4歳の娘と1歳の息子とケーキを見ながらパパを待っていると…。

    「ごめん今日も仕事で残業、先にクリスマスをしてて」と慌ただしそうにLINEが。
    「わかった」と返した、数分後…。

    「今日、時間がとれたよいつもの場所で」と、おそらく浮気相手に送るLINEを誤爆…。
    送信してから即仕事に戻ったようで誤爆に気づかない夫。

    怒りながらもPCから夫のLINEにログインして、浮気相手との証拠LINEをスクショし実家に帰り、その後離婚しました。

    (主婦)

    「LINEトーク画面から発覚した浮気」

    彼のスマホで彼と共通の知人と3人でLINEのテレビ通話していたとき。
    電波が悪くなり一旦通話を切ると、彼のトーク一覧画面が表示され、1番上に通知オフ設定の女性の名前が出てきました。

    彼は焦りながら無言でさっと携帯の向きを変え、私に見えないようにしたので「これは怪しい」と思い、夜中彼が寝ている隙にスマホチェック。
    女性とのトークは削除されていていましたが、通話履歴は真っ黒…!

    1カ月ほど毎日夜に電話していました。
    草野球チームの先輩から「電話が〜」と嘘をつき、わざわざ外に行って電話していたときの履歴も…。

    最後は女性の方から「彼くんと別れてください!!」と接触してきて浮気がバレ、自滅。
    彼は今とっても大人しく過ごしています。

    (会社員)


    いかがでしたか?

    浮気性の彼や夫を持つ方々はなかなか苦労しているみたいですね…。
    今後注意しても直らないようならお別れして誠実な人を見つけた方がいいのかもしれません。

    以上、誤爆LINEエピソードでした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。