2022.7.06

「これって…詐欺!?」数日おきに”募金を募る隣人”に違和感→自治体に問い合わせると衝撃の事実が発覚!

金銭トラブルほど、恐いものはないですよね。でも、お金のトラブルはよく起こるようで…?今回は実際に募集したトラブルエピソードをご紹介します!

    募金のお願い

    最近、夫婦で戸建てに引っ越しました。
    お隣へ挨拶にうかがうと、老夫婦がそろって出てきてくださり、お2人の優しそうな雰囲気に私達も安心しました。

    引っ越し作業も落ち着き、生活にも慣れた頃のことです。
    用事の合間に1人で家に戻ったタイミングで、インターホンが鳴りました。

    モニターで見てみると、お隣の奥様が。
    玄関先で要件を聞くと「地域で募金活動をしています。ご協力お願いできませんか?」とのこと。

    急いでいたため、手持ちの小銭を募金すると、奥様は帰って行きました。
    しかし数日後に帰宅すると、先に帰っていた主人から「さっきお隣さんが来て、募金って言われてさ。少しだけ出したよ。」と言われたのです。

    その後も、数日おきに募金をお願いしに来るお隣さん…。
    「もうお金は出せません」と断りながら、何の募金なのかをたずねても、ハッキリとは答えてくれません。

    違和感を覚え、自治体に問い合わせると「地域の募金活動はありません」との回答…。
    自治体からの勧めで警察に相談すると、違和感は的中しました。

    なんと募金を名乗った詐欺だったのです…!
    私達の場合はたまたま少額でしたが、こんなに身近に詐欺が存在すること、そんなことをする隣人がいることに恐怖を感じました。

    引っ越したばかりではありますが、転居を考えています。

    (女性/パート)

    別れる前になり…

    結婚する前に付き合っていた彼がいたのですが、その彼との話です。
    その彼とは一緒に住んでいたのですが、私は病気であまり働くことができず、ほとんど彼のお金で生活していました。

    彼は、「病気なんだから、気にするな!俺が出したいから出しているお金なんだから。」
    そう言っていたのですが、3年後に別れることになり、そのときの彼の言葉に驚きました。

    「今まで俺が出していたお金、全額払ってから出ていって。全部で500万でいいから。」

    出典:lamire
    私がそんな金額払えるわけないと知っているくせに、今までの優しさは何だったんだと思いました。

    (女性/パート)


    いかがでしたか?

    お金が絡むと、人間は怖くなりますね…。
    どちらの話も、人間の本性が出ていました…!

    以上、トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。