2023.10.30

夫「電気代3万!?3000円におさえろ!」私「うん…」→夫に反撃を決めた結果#31

夫がいない間もいつもと変わらない生活をする主人公。しかし扇風機を使おうとしたとき、蓄電池にコンセントをさしているはずなのにまったく反応がありませんでした。壊してしまったかもしれないと焦った主人公は…。

    毎日渡されていた


    出典:今日のLINE

    電話に出ない夫とメッセージでやり取りを始めた主人公。
    忙しいと返信してきた夫に蓄電池が機能しないことを報告しました。

    すると夫は蓄電池には充電が必要だと言い出して…。


    イラスト:今日のLINE
    ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ※この物語はフィクションです。


    (lamire編集部)

      【最初から読む】