2022.12.22

「30代の目元じゃない!」サロンのお姉さんが私のケアに興味津々!?→こだわりの“マル秘美容法”教えます♪

いつまでも若々しい人には、自分だけの健康法があるのかも…!?そこで今回は、実際に募集した「周りより若く見られたエピソード」をご紹介します!

    目元が若いと…!

    まつ毛パーマのサロンで、「目元が若いです」「30代の目元ではないです」と褒められました。
    通っているまつ毛サロンで初めて担当してくれた女性に「まつ毛ケアはどのようなことをされていますか?」と熱心に聞かれました。

    出典:lamire
    嬉しくなってこだわりのケアについて話しました。
    すると「実は、カルテの年齢を見て驚いたんです」と言われました。

    目元は年齢が表れやすい部分だと思うので、そこを見た上で「若く見える」と褒められると嬉しいです。
    まつ毛の健康のために、まつ毛美容液とまつ毛専用のクレンジングを使っています。

    日々アクティブに過ごすことも、若く見られるために必要だと思います。
    (女性/自営業)

    美肌対策は水分補給!

    デパートの化粧品カウンターで接客してもらっている最中、若く見られて褒められました。
    「30代に入ったので、シワ対策など必要ですか?」と聞くと、「30代ですか?」と驚かれ、「シワは全然ないです」などと褒められました。

    美肌対策としてやっているのは、定期的な水分補給です。
    1日2リットル以上飲みますが、最低でも15分ごとに水を飲みます。

    水分を飲むことで肌の水分量を増やすことができるようなので、美肌や若見えに役立っていると思います。
    (女性/自営業)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    若さを保っている人たちはみな、自分なりの「こだわり」があるんですね。
    みなさんもぜひ、自分に合った健康法を見つけてみてください。
    以上、「周りより若く見られたエピソード」でした。

    次回の「周りより若く見られたエピソード」もお楽しみに♪
    ※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼