2022.12.21

【急襲!ストーカー男】「ガシャーーン!」振り返ると、自転車を乗り捨て“私の方へ走ってくる男の姿”が!→寮に逃げ込むも粘着され大ピンチ!

暮らしていく中でさまざまな人と出会うことがあるかと思いますが、その中で“人間の怖さ”を痛感することも…!?そこで今回は、実際に募集した「日常生活で人を怖いと感じた瞬間の体験談」をご紹介します!

    女子社員寮で…

    上京し、女子社員の寮に入居していた私。
    寮生活にも慣れてきた頃、防犯意識が薄れはじめていました。

    ひとり暮らしでもなく、駅からもそんなに離れていないので、まさか自分が事件に遭遇するなんて思いもしなかったのです…。
    そんな気の緩みが招いた事件でした。

    地元では女子社員寮だと認知されている場所だったそうで、「毎年痴漢被害があるからよく注意して帰宅するように」と注意されていたのですが、我関せずな私はいつもと同じように、徒歩で駅から寮まで帰宅していました。
    ふいにうしろから自転車の音がして振り返ると、20代前半くらいの男が私を追い越していきました。

    特に気にすることもなく、オートロックのドアを解除し、中に入ろうとしたそのとき…。
    ガシャーーン!と金属音がしたので振り向くと、さっき私を追い越した自転車の男が、乗っていた自転車を乗り捨て私に向かって走ってきました。

    出典:lamire
    驚いた私は急いでガラスドアを閉めようとしたのですが、その男は反対側のドアノブを引っ張って入ろうとしました。

    震えながら全体重で踏ん張り、ドアにロックをかけたのも束の間、男はガラスドアをガチャガチャと引っ張り、ドンドンと扉を叩きました。
    彼はなにやら大声で叫んでいる様子…。
    私が郵便物ポストの隅に身を隠して震えていると、その騒ぎで寮長さんと寮母さんが駆けつけてきたので、男は逃走しました。

    その後、この男は他の寮生にもつきまとい行為をしている要注意人物だと知りました。
    (女性/パート)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    普段は見せない狂気に満ちた裏の顔を持っている人もいるのかもしれません。
    気を付けて生活していきたいですね。

    以上、「日常生活で人を怖いと感じた瞬間の体験談」でした。

    次回の「日常生活で人を怖いと感じた瞬間の体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼