2022.11.04

【スカッと!ご近所トラブル】アパートの問題をスルーし続ける自分勝手な管理人…→住人からの“決め手の一言”に大慌て!

賃貸にしろ一軒家にしろ、快適で安心できる住処を築くために避けて通れないのがご近所さんとのつきあい。しかし、大なり小なりご近所トラブルの経験がみなさんあるみたいです…。今回は実際に募集したご近所トラブル体験談をご紹介します!

    自分勝手な管理人

    以前あるアパートに住んでいたときの話です。
    そのアパートの管理人がかなり自分勝手で、しかも日中留守にしていることが多く連絡がつかないことが多々ありました。

    ある日、アパートの敷地内で私の駐車場エリアのすぐ横にあるフェンスが強風のため倒れてしまい、車のボンネットがへこんでしまったのです。
    アパートの管理人にすぐ電話をしましたが、いくら電話をかけても全くつながりません。

    数日電話をかけ続けてもいっこうに連絡がつかず、途方にくれていた日曜日の午後…。
    偶然アパートの敷地内で何かの作業をしている管理人の姿を見かけました。

    すぐ声をかけようとしたところ、別の住人と話をしはじめたのです。

    住人「一体いつになったらエアコンを交換してくれるんですか?」
    管理人「もう少し待ってくださいよ〜。私もなかなか大変なんですよ〜」

    出典:lamire

    住人「かなり前からお伝えしてますよ…。これ以上待つようだったら、もう部屋を出ていきます!」

    その一言が決め手となったようで、管理人は大慌てで「わ、わかりました!すぐに取り掛かるので!」と返していました。
    私も急いで管理人に駆け寄り、車のボンネットがへこんでしまったことを伝え、後日修理金額を全額賠償してもらいました。

    「部屋を出て行く!」と管理人に話を持ちかけた住人のおかげでスカッとしたお話です。

    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    生きていく上でトラブルはなるべく回避していきたいところですが、ご近所さんが問題となるとそうもいかず…。
    狭いコミュニティですが一定の距離を保ち、サラッと交流するのがいいのかもしれませんね。
    以上、ご近所トラブル体験談でした。

    次回の「ご近所トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼