2022.10.26

【スカッと】娘の習いごとで見下してくる優等生のママ…→“娘のためにとった行動”が優等生ママを悔しがらせる結果に!

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    じゃんけんぽん!

    私の幼稚園時代の出来事です。
    当時は、なにかにつけて、近くの席の女の子たちから厳しくあたられていました。

    毎月、幼稚園のお誕生日会ではオペレッタを披露していて、あるとき、私のクラスは「金のガチョウ」をやることになりました。
    いろいろな役がある中で、私は動物の役がやりたいと思いました。

    ですが、それを察したのか、「〇〇ちゃんは、動物役に手を挙げちゃダメだからね」と例の女の子たちが言ってきたのです。
    しかし、私はそれを無視して立候補しました。

    もちろん、彼女たちも立候補してきました。
    立候補者多数になったので、じゃんけんで勝った人たちが、動物役を演じられるということになったのですが…。

    私は、見事じゃんけんに勝って、動物役をゲット!
    一方、例の女の子たちは、ことごとく敗退していきました。


    出典:lamire

    幼い頃の出来事ですが、いい気分でスカッとしたことを覚えています。
    (女性/在宅ワーカー)

    見下すママ

    娘の習いごとで、ピアノのグループレッスンを受けていました。

    グループには、我が家も入れて8人の子どもがいました。
    その中に、いつもきちんと先生の問いかけに反応する、優等生タイプのAちゃんがいました。

    Aちゃんママは得意気で、先生もAちゃんしか褒めず、レッスン中はAちゃんを褒め称える会のようになっていました。
    注意されるのがほかのメンバーばかりになり、グループの雰囲気も悪く、Aちゃんママは私たちを見下すようになりました。

    そんなこともあり、娘があまりに嫌そうにレッスンへ行くので、1度お休みをし、先生も変えて個人レッスンに切り替えることにしました。
    彼女たちは、劣等生の我が家が負けを認めてやめたと思っていたようですが…。

    娘は個人レッスンとの相性が良く、発表会ではトップを任されることになったのです。
    我が子を控え室で見つけて「なぜあの子が!!」と悔しそうなAちゃんママを見てスカッとしました。
    (女性/主婦)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼