2022.10.31

【私はタクシー!?】運転手の私が交通費全額負担。その後の会話で発覚した友人の”配慮のなさ”にモヤモヤ…

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    幼稚です

    義弟の話です。
    彼はよく遊びに誘ってくれたり、義実家で集まるときにはムードメーカーとして、盛り上げてくれたりするタイプです。

    ある日、彼から「買いたいバイクがあるから、40万円借りられないか」「今すぐ欲しい型で、手元に現金がなく買うことが出来ない」との連絡が夫に入りました。
    夫は丁重に断っていたのですが…。

    少し経ってから、今度は「家を新しく購入するのに、今契約金を入れなければ人に取られてしまう。300万円借りられないか」と、言ってきました。
    また夫が断ると、拗ねてしまったようで、連絡が来ることがなくなりました。

    大の大人が、金銭を要求してくることにも驚きましたが、断られて連絡を絶つのは、あまりにも幼稚だと思いました。
    (女性 主婦)

    タクシーじゃありません!

    私は千葉県に住んでおり、車通勤しています。

    職場の同僚で、なにかと私の車をタクシー代わりにしようとしてくる人がいて、困っています。
    年齢も近いので、最初のうちは一緒に都内まで車で出て、買い物したりお茶をしたりしていました。

    ですが、毎回お茶代やご飯代はきっちり割り勘で、そのくせガソリン代や駐車場代はすべて私が負担していました。
    冗談交じりに「都内の駐車場って高いよね〜」というと、「そうなんだ、私車乗らないからわかんないや!」と一言。


    出典:lamire

    その後も何度かガソリン代や駐車場代を払うように促してみても完全スルー。
    さすがに頭にきて「私はタクシーじゃない!」と言って、彼女からの誘いはすべて断るようになりました。
    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼