2022.11.04

【衝撃】少し目を離した隙に、子どもがいなくなってる!?→“まさかの犯人”に唖然…「勝手に連れていかないでよ!」

みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    字の書き方にうるさい義両親

    義両親は字の書き方にうるさい人です。
    年始のご挨拶に伺うと、必ず年賀状をテーブルに並べて字の品評会が始まります。

    字を書くのが下手な夫は絶対に実家に年賀状を書きません。
    私も美文字ではないので年賀状は印刷したハガキを出します。

    すると「年賀状が印刷だけなんて非常識よ」と怒られたので、翌年から一言だけ手書きのコメントを入れるようにしました。
    案の定「まあまあな字ね。昔は読み書きそろばんって言ったものよ。ウチの子はみんなしっかり身につけたわよ!嫁ちゃんもちゃんとして!孫ちゃんも字が汚いし、恥ずかしいわよ!」と年始早々にイヤミが…。

    しかし実際のところ、義両親の字も綺麗ではなく、親戚の誰もがそのことに気づいているので、あまり気にしないようにしています。

    (女性/主婦)

    子どもがいない!

    我が家は義両親と敷地内同居です。
    子どもがまだ赤ちゃんだった頃、天気がよく窓を開けて網戸にした状態で、室内で子どもと遊んでいました。

    しかし私が少しトイレに行って戻ってくると…さっきまで部屋にいた子どもの姿がありません。

    出典:lamire

    私を探しにほかの部屋に行ったのかと思い家中を探しましたが、どこにもいません。

    まさかと思い窓を開けて外を見ると、義父が子どもを抱っこして義両親宅へ向かって歩いているではありませんか!
    「起きてたよ〜」と言いながら、義母の方へと連れて行ってしまいました。

    「いやいやいやいや、勝手に連れていかないでよ!せめて私に声をかけるとかして〜!」と心の中で叫びました。
    無事に見つかってホッとしましたが、モヤモヤした出来事でした。

    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    こんな義家族と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    子どものためにも適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。

    以上、義実家トラブルエピソードでした。

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼