2022.10.11

【スカッと!】彼氏がいないことを馬鹿にしてくる友人…→“悔しそうな表情”に数年越しのスッキリ!

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    かわいいけれど

    中学・高校の頃の友達に、性格があまりよくない子がいました。

    見た目だけはかわいかったので、いつも彼氏を切らしたことがないタイプの子でした。
    いつも私に対して、彼氏がいないことを馬鹿にしてきました。

    卒業して数年が経ち、私はいいご縁に恵まれ無事に結婚したのですが…
    一方の彼女は、ろくでもない彼氏に3股されるような生活を送っていました。

    彼女の前で結婚を報告したときは、悔しそうな顔をして「おめでとう」と言っていました。
    スカッとした気持ちになりました。

    (女性/主婦)

    支店長様

    いつも「俺が声をかければ融資なんてすぐだ。お前らは毎日何をしてるんだ」と豪語する支店長がいます。

    そんな支店長に日々叱られながら、やっと融資案件が獲得できた日のことです。
    「よし、一緒にお礼を言いに行こう」と言う支店長と共に、顧客のもとへ向かいました。

    支店長が「至らぬ所ばかりの担当ですが、申込みありがとうございます」と言ったのですが…。

    顧客が「担当者は何回も通ってくれて、本当に信頼できる方です。この人だから融資申込をしました。決して支店長の力ではありませんよ。あなたのことは窓口の女性からも聞いています。評判悪いですよ。私はあなたのような人は嫌いです」ときっぱり言ってくれたのです!

    出典:lamire

    そのときの支店長の顔は、今も忘れることができません。
    (男性/銀行員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼