2022.10.07

【スカッと】子どものしつけに関していつも嫌味を言う義母…→様子を見ていた“まさかの人物”の一言で大焦り!「いじわるじゃないのよ〜」

みなさんは義家族の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    義実家での晩ごはん

    夫と小学生の息子の3人で、義実家に晩ごばんを食べに行きました。
    その日はバラ寿司とあさりのお吸い物で、色どりも美しくとてもおいしそうでした。

    ありがたく3人でいただき、息子はお代わりのすし飯を自分で皿に盛ったのですが…。
    すし飯が終わりだったので、息子はしゃもじに付いたご飯を口で舐めてしまったのです。

    息子に悪気はなかったのですが、義母はこちらの方を向いて「こんなしつけして。親の顔が見たいわ」と一言。
    義母はいつも、息子の悪いところは私の影響だと言わんばかりの嫌味を言ってくるので、このときも苦笑いでごまかしていました。

    すると、それを見た息子が「お行儀悪いことしてごめんなさい!おばあちゃん、お母さんにいじわる言わないで」と…。
    義母はその言葉を聞いて、「いや、違うの!いじわるじゃないのよ〜」と焦って言いました。

    息子の言葉に感動し、義母のうろたえる姿に少しスカッとしました。

    (女性/主婦)

    読者の感想

    「いじわるじゃないのよ~」って義母の方は言ってますが、絶対いじわるですよね!
    行儀が悪いと思ったのであれば「やめてね」と注意すればいいだけのこと。それをわざわざ親のせいにするところに悪意しかありません。こどもは純粋で敏感なので孫への影響を考えて、金輪際いじわるはやめてほしいものです。ていうかそもそもお宅の息子も「親」のひとりなんですけどね!
    (30歳/主婦)

    義母はもとからこのお嫁さんのことが嫌いなだけなんだろうなと思います。というか夫は何か言わないのかとイラっとしました。
    (主婦/女性)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    こんな義母・義姉と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。

    以上、義実家トラブルエピソードでした。

    次回の「義実家トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼