2022.10.07

【自業自得!】失敗を私になすりつけようとした同僚…しかし“予想外の展開”に!→悔しそうな表情にスカッと♪

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    電車内での通話

    電車に乗っていたときのことです。
    周りに多くの乗客がいるのに、大きな声で電話をしているおじさんがいました。

    出典:lamire

    しかも、その電話はすぐに終わるわけでもなく、5分以上ずっと話をしているのです。
    耐えられないと思った僕と友達は、わざとその人に聞こえるような声で、「電車の中で電話する人ってどう思う?」「まぁ、周りのことが見えてないってことだから…仕事もろくにできないんじゃない?」と会話をしました。

    すると電話をしていたおじさんは、僕らが言ったことが図星だったのか、こちらを睨み付けてから慌てて電話を切っていたので、スカッとしました!
    (男性/会社員)

    そのご飯を炊いたのは…

    給食施設で、調理の仕事をしていたときの話です。
    その職場には、自分の失敗を認めることができないタイプの同僚がいました。

    ある日、その同僚と私で1釜ずつ、ご飯を炊いたことがありました。
    炊き上がったご飯を栄養士に試食してもらった際に「こっちの窯で炊いたのは誰?」と聞かれ…。

    その同僚は「うまく炊けていなくて怒られるのではないか…」と思ったらしく、「炊いたのは〇〇さん(私)」と答えました。
    すると栄養士は、私に「君が炊いたご飯、すごくおいしかったよ!」と褒めてくれました。

    それを聞いて悔しそうな表情をしている同僚…。
    なんだかスカッとしました!

    (女性/主婦)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼