2022.9.28

【スカッと】妊娠中の子どもの名前が決まったため報告→義母の“無神経な発言”に呆然…→夫からの一言で我に返ることに

みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    決めていいよって言ってたのに…

    旦那と結婚するときの話です。
    結婚式はやらないことにした私達ですが「食事会だけはやろう」という話になりました。

    その際、義母が「会場もなにもかも全部、嫁ちゃんの方で決めていいよ!」と言ってくれました。
    たくさん楽しんで欲しくて、自分の両親とも相談しながらお店選びに没頭していたのですが…。

    会場が決まって、その話を義母にしたところ「あー、ここ車じゃいけないんでしょ?無理だわー」と…。
    後から聞いた話だと、義母は股関節の手術をしていたらしく、車で行ける範囲内じゃないとダメということ…。

    先に言って欲しかったなぁと思いつつ、別のお店を探すも「あれはダメこれはダメ」と、ダメ出しされるばかり。
    たくさんのダメ出しに私も嫌になってきて、食事会をやめようかと思っていた矢先…私の父親が病気に…。

    大事を取って今回、食事会はなしということになりましたが、今後もやることはないと思います…。

    (女性/29歳)

    子どもの名前で…

    長男を妊娠していたときの話です。
    名前が決まったので義両親に報告に行きました。

    夫婦で一生懸命考えた素敵な名前です。
    その名前には”篤”という漢字が入っているのですが、漢字説明の際に、竹冠に馬だよと説明すると義母が一言…「あ~危篤の篤ね!」


    出典:lamire

    確かに間違いではないですけど、これから誕生する孫の名前に対してその表現はどうかと思いました。

    それを聞いていた夫があきれ顔で「そのたとえはどうなの?」と一言。
    義母はしまったという顔で大人しくなり…、無事に息子は産まれましたが、あのときの言葉は一生忘れないです…。

    (女性/主婦)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    こんな義両親と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    子どものためにも適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。

    以上、義実家トラブルエピソードでした。

    次回の「義実家トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼