2022.9.22

【スカッと】「どうせ彼氏いないんでしょ?」街で“勘違い元カレ”に絡まれた私を、夫が一蹴!→「俺の嫁に何の用?」

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    面倒くさい勘違い元カレ

    自分がモテると勘違いしている、亭主関白な彼氏と別れたときの話です。
    その彼は「自分は背も高いしスタイルもいいし、かっこいい!」と思い込んでしまっている人でした。

    ことあるごとに「〇〇ちゃん(私の名前)は顔面偏差値中の下なんだから、普通なら俺みたいな人とは付き合えないんだからね」となどと言ってきていました。

    もう呆れていた頃、「結婚すること、考えてあげてもいいよ、俺ほど人を幸せにしてくれる人いないからね?」と言われたのが決め手で、付き合って数か月で別れました。

    別れた後も「後悔するよ?」とか「本当は好きなんでしょ?素直になりなよ」と言ってきて、うんざりでした。

    私の引っ越し先の玄関に一晩中居座ったり、仕事おわりに車に戻ると、返した指輪と付き合っていた頃の思い出がびっしり書かれたノートが、フロントガラスに置かれていたりしました。

    私はそんな行動をする元カレのことはフル無視で、職場の年上の先輩と付き合いはじめました。
    しかし数年後、ある日のデート中、彼と別行動しているときにばったり、その元カレと鉢合わせてしまったのです。

    案の定、元カレは復縁を迫ってきました。
    「なんかかわいくなった?やっぱ俺にしとけって。どーせ彼氏いないんでしょ?」と始まり、またうんざり…。


    出典:lamire
    そのとき、別行動していた彼が戻ってきて「俺の嫁に何の用?」とその元彼に言いました。
    そうです。このとき、私たちはもう結婚していたのです。

    高身長で、イケメンで筋肉質な私の彼を見た元カレは固まっていました。
    さらに追い討ちをかけるように「俺の嫁がかわいいって今更気がついてどうすんの?もう遅いよ」と結婚指輪を見せながらズバッと言って撃退してくれました。

    風の噂によると元カレはまだひとり身で、結婚相談所に通っているそうです。
    (女性/主婦)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼