2022.9.16

【スカッと】バイト先でお局とその取り巻きにいじめられる日々→“常連客の言葉”で反撃♪

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    お局さまが嫌がらせ…

    これは私が飲食店でアルバイトをしていたときのこと。
    当時バイト先にはお局さまとその取り巻きがいて、気に入らない子を仕事中にいびっていました。

    私もいびられているうちの1人で、私のミスではないのにミスを一方的になすりつけてきたり、バックヤードで悪口を言われ続けたりしていました。
    ある日、常連のお客様が来店され、私に話しかけてくれました。

    それを見ていたお局が会話が終わったとたん近づいてきて「お客さんと気安く喋ってサボるの、やめてもらえる?仕事中の私語は厳禁ですよ~」と言ってきました。

    泣きそうになるのをこらえて仕事をしている一方で、そのお局は店頭で取り巻きとおしゃべりをはじめました。
    すると、さっきの常連のお客様が近づいていき「ねえ、あなたたち。さっきからおしゃべりが店中に響いていますよ。静かに過ごしたいので、仕事中の私語はつつしんでいただけないかしら」と言いました。

    出典:lamire
    お局たちはハッとして黙り、その後ちょっとおとなしくなりました。

    (女性/会社員)

    割り込んできた客に!

    キャッシュレス決済か現金決済かで並ぶ列が違うセルフレジの、現金決済の列に並んでいました。
    前の人が会計が終わり次は私の番だったので、荷物詰めをする台に移動するまで待つことに…。

    焦らせるのも申し訳ないし、私自身もとくに急いでいなかったからです。
    すると、キャッシュレス決済の列に並んでいたはずのおばあさんが、待っている私の横をするっとすり抜けて、まだ前の人がいるセルフレジに行き、バーコードスキャンをはじめました。

    私も含め周りの並んでいる人も思わず「えっ?」と言ってしまうほど、あっという間の出来事でした。
    イライラしてなにか言ってやろうと思っていた矢先に、一部始終を見ていた店員さんが、そのおばあさんにあることを伝えました。

    「お客様、申し訳ございませんが、このレジの調子が悪いみたいで、バーコードスキャンがうまくできていなかったみたいです。恐れ入りますが、レジが復旧するまで時間がかかるかもしれないので有人レジの方へ行っていただけますか?」

    ぶつぶつ言いながらも買い物かごを持って有人レジの列に並んでいました。
    もちろん、先に並んでいた私たちの方が先に会計を済ませて店を後にできました。

    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼