2022.9.16

【衝撃】「貧乏な育ちだから…」私にだけ高級料理を食べさせない義母。→“とんでもない理由”に唖然…

みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    ステーキは体に合わない!?

    妻の義両親は、僕に対してだけケチです。
    お盆に訪問した際、夕食に高級ステーキが振る舞われたときも、子どもと妻にだけ。
    僕は唐揚げでした。

    唐揚げは大好物なので喜んでたべていましたが、子どもが「なんでパパはステーキじゃないの?」と聞いたところ、義母が「貧乏な育ちだからステーキは体に合わないんだよ」と言い出して…絶句しました。

    (男性/会社員)

    魚の骨を…!?

    義両親と一緒に外食したときの話です。
    その日は主人と子ども、義両親の5人でお魚のおいしいお店に行くことになりました。
    主人と子どもは焼き魚定食で、私と義両親はお刺身定食を頼みました。

    みんなで「おいしいね~」と和気あいあいと食べていたのですが、私が子どもに「骨気を付けてね」と声をかけると、義母が「あら、ひろくん(主人)の魚も骨が多そうね。今取ってあげるからお皿貸しなさい」と言って主人の魚のお皿を奪ったのです。


    出典:lamire

    一瞬その場の空気が固まりました。
    40歳を過ぎてまで母親に魚の骨を取ってもらっているなんて…。

    幸い主人が「あほか!自分でやるわ」と言ってくれたのでよかったですが、なんとも過保護な義母の言動に唖然としました。
    (女性/主婦)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    こんな義両親と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    子どものためにも適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。

    以上、義実家トラブルエピソードでした。

    次回の「義実家トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼