2022.9.15

【スカッと】若くして出産したマウントをとる年下の義妹→子どもの“率直な感想”にブチ切れ!?

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    どっちがおばさん?

    5歳年下の義妹との話です。
    同い年の子どもがいる義妹は、なにかと自分が若く子どもを産んだことをアピールしてきます。

    「義姉さんの年では私産めないー」とか「義姉さん体力的に大丈夫ですか?」など…失礼なセリフを乱発するのです。

    先日、家族でショッピングセンターに行ったとき、迷子を保護したので迷子センターへ連れて行きました。
    無事に親御さんと再会できた男の子が、帰り際に「ありがとう!お姉ちゃんとおばさん!」と、お礼を言ってくれたのですが…。

    出典:lamire
    それが、義妹の方を見てハッキリとおばさんと言っていたので、義妹はブチ切れてしまいました。
    若いことはすばらしいことだけど、見た目が老けてる方が私は嫌かな…なんて思いながら、スカッとしました。

    (女性/専業主婦)

    凝視しないでください

    スーパーで買い物の精算をしようとレジに並んでいたときのことです。
    私の前にしれっと横入りしたご年配の女性がいました。

    ご年配の方だったので私に気付いていなかったのかもしれないと思い、優しく「並んでください」と注意したところ…。
    すぐに理解したようで、謝罪して私の後ろに並んでくれたのですが…。

    私が精算中、その女性がすごい近い距離で私のことを凝視…とても怖い思いをしました。
    注意されたのが気に入らなかったのか分かりませんが、眼球をかっと開いてこちらを見ていたので、恐怖を覚えました。

    (女性/フリーランス)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼