2022.9.13

友人「マージンは半分でいいからっ♪」占い師の私。友人に”トンデモナイ”ことをされ…→翌日の連絡に唖然…

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    クーポン持ってたんだね…

    友達みんなでご飯を食べに行ったときのことです。

    そろそろお開きにしようということになり、店員さんに声をかけ、会計をお願いしました。
    割り勘ということで、合計金額を4人で割り、ひとりが代表して払ってくれることになりました。

    ほかのみんなは先に店を出て、駐車場でおしゃべりしていたようですが、私はひとり、レジ付近のトイレに入りました。
    すると支払いをしている友達が、会計時に20%クーポンを使って割引を受けて、支払いはカードで済ませているやりとりが聞こえてきました。

    きっとクレジットカードのポイントを貯めたかったんですね。
    私たちは余計にお金を取られたわけではないし、クーポンも友達の持ち物だからいいのですが…。

    なんだかモヤモヤしていまう自分がいた出来事でした。
    (女性/主婦)

    私がケチなの?

    私は副業で占い師をしています。
    ある日友人から、自分の親戚をどうしても鑑定してほしいと懇願されました。

    通常通りの料金で、普通に鑑定…という話だったのですが、鑑定が終わった翌日友人から連絡があったのです。
    マージンは半分でいいよ、よろしく!と言われました。

    彼女いわく、これなら2人で儲かるよね!だそうです。ドン引きしてしまいました。
    すぐに距離を置きましたが、私のことをケチだと大騒ぎした結果、周りに諭されたそうです。
    (女性/フリーランス)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼