2022.9.08

「抱きしめてあげたいけど、帰りなさい」早朝に出会った“不思議な男性”。→なんだか懐かしい気持ちに…<奇妙な話>

皆さんは不思議な体験をしたことはありますか…?原因がよくわからない何かに巻き込まれた、なんて経験した方も中にはいらっしゃるようです…。今回は実際に募集した「奇妙な体験エピソード」をご紹介します。

    白い着物姿の…

    私は田舎に住んでいます。
    以前、ダイエットをしようと少し傾斜のある農道を散歩ルートにして、ウォーキングしていたことがありました。

    そのルートは途中までは国道で、少し歩くとトンネルがあり、そこを抜けたら農道に出ます。
    農道をグルリと歩くと、ちょうどまた国道に出れる作りの道で、たまに竹藪があったり山の隙間を行く感じがお気に入りでした。

    毎日、夕方4時すぎに出て歩いて5時に帰ってくるのを日課にしていたのですが、ある日、いつも通りに歩いていると、急に激しいめまいが。


    出典:lamire

    その場にうずくまり、5分ほど動けませんでした。

    少し落ち着き、顔をあげると、白い着物姿で長い黒髪の人が目の前に立っていました。
    驚いた拍子に後ろに尻もちをついたのですが、見上げてさらに驚きました。

    長い黒髪の、信じられないほど美しい顔立ちの男性だったのです。
    「大丈夫ですか?」と言いながら、優しく手を差し伸べてくれました。

    私はその手を取って、立ち上がりました。
    なぜか、懐かしい感じがありました。

    男性は私をじっと見つめて、肩を叩きながらこう言いました。
    「まさか、こうして会うとはね」

    男性は微笑み、私の肩をつかんで私の体の向きをグルリと変えました。
    「名前を言っても、きっとわからないでしょうね。抱きしめてあげたいけど、もう、帰りなさい。たまには、私を思い出してくれたら嬉しいです」

    男性に肩をトンと押されて、気づいたときには1人でした。
    ご先祖さまなのか、縁がある人なのかはわかりません。

    どこか懐かしい気持ちにさせる、不思議な体験でした。

    (女性/自営業)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    不思議な出来事が偶然なのか、はたまた“何か別のもの”なのかはわかりませんが…。
    誰かが実際に体験した話には、何か奇妙な説得力がありますよね。

    以上、奇妙な体験エピソードでした。

    次回の「体験談エピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼