2022.9.08

「優しい世界…!」電車内で優先席を譲ろうとしない学生に対し、男性が“誰も傷つかない一言”でスカッと解決!

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    スマートな座席の譲らせ方

    電車に乗ったときに、優先席に座っている学生達がいました。
    学生も疲れているのはわかっていますが、車内は少し混みあっており、騒がしかったこともあって、優先席に座っている非常識さを強く感じていました。

    いくつか駅を過ぎたころ、子どもの手を引きつつ、もう片方の手で畳んだベビーカーを持っている女性が、車内に入ってきました。
    邪魔にならないようにとベビーカーを壁側に持ち、疲れてぐずっている子どもに「騒がないように」と言い聞かせ、大変そうな様子。

    学生の1人が気づいて席を譲ろうとしていましたが、もう1人の学生がそれを引き留めて、相変わらず騒がしく騒いでいました。
    すると、体格のよい男性が学生の前に立ち「騒ぐくらい元気なら、座らなくても大丈夫!」と爽やかに言い放ち、女性に席を譲るように促していました。

    学生に対して怒るわけではなく、自ら行動を促すような言い方で、素晴らしかったです。
    学生も女性も笑顔で会釈する姿を見て、「なんて優しい世界…!」と、晴れやかな気持ちになりました。

    (女性/主婦)

    圧迫面接で一言

    就活をしているときに、ある企業で圧迫面接を受けました。
    人の家庭環境などにも口出しをするような質問が多く、今考えるとありえないような内容でした。

    出典:lamire

    僕はだんだん頭に来て、「今回の質問の内容は本社の方にお伝えさせていただきますね」と一言。
    すると今までそんなことを言う人はいなかったのか、明らかに面接をしている人たちが動揺し出して態度が一変し、スカッとしました。

    (男性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼