2022.9.10

【誤爆】アラビア語を上司に誤送!?上司から速攻で電話が来る事態に…!→「大丈夫?!」

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

    翻訳機能の不具合で…

    韓国人の彼氏とLINEは翻訳を挟みながらハングルでやり取りをしているのですが、何がどうなったのか急に翻訳の機能がおかしくなりました。

    アラビア語っぽくなってしまい困って、いろいろと操作していたら上司からLINEが。
    通知バーを触ってしまい、コピーしていたアラビア語を送ってしまいました。

    上司から速攻で電話が来て「お前携帯ハッキングされてない!?やばくない!?」と心配される始末…。
    ついでに彼氏からも韓国語で同じような連絡が来たけれど、やはり翻訳がおかしくアラビア語になってしまい意味がわからず…。

    その後しばらくして直ったのですが、上司がアラビア語を気に入ってくれたのかたまに使ってくるように。
    あまり仲良くなれなさそうな雰囲気の上司だったので、かえってありがたかったのかもしれないです。
    (女性/自営業)

    痛恨のミス

    友人A子はTさんといい感じの関係でした。
    あるとき、A子はTさんから海に行こうと誘われました。

    丁度A子と友人B子と私たち3人で海に行きたいねと話していたところだったので、Tさんも誘い、一緒に行くことになりました。
    待ち合わせや連絡事項に漏れがあるといけないので、全員を招待し、LINEグループを作りました。

    ある時、A子が「車大きいほうがいいよね。知人から車を借りたから。スクショ貼るね」とありましたが、そのスクショにはA子が出会い系で知り合った別の男性との文面が!


    出典:lamire

    B子が笑い話に変えてくれましたが、A子とTさんがその後気まずくなったのは言うまでもありません。
    (女性/自営業)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが皆さん結構な頻度でやってしまっている様子。
    宛先確認はしっかりしましょうね。

    以上、LINEトラブルエピソードでした。

    次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼