2022.9.07

「あんたは泥棒と一緒だぞ?」間違いなく私のお金なのに…見知らぬ男性の“理不尽すぎる物言い”に驚愕!

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    釣り銭泥棒

    数年前、ある駅の自動販売機で飲み物を買ったときの話です。
    私は1000円札を入れて飲み物を1本買いました。

    そしてお釣りを取ろうとした瞬間、いきなり背後から見知らぬ男性が近づいてきて、「お兄ちゃん、俺さっき釣銭取るの忘れたんだよ。500円は俺のだから」と言ってきました。
    私はとりあえずお釣りを確認すると、870円ありました。

    1000円入れて130円の飲み物を買ったので、間違いなく私のお金です。
    しかし、それを伝えても相手は一切認めず、どんどんムキになっていく始末。

    「あんたは泥棒と一緒だぞ?警察に突き出すぞ!」などと周囲に響く大声で叫びだし、収拾がつかない事態に…。
    私は根負けし、つい500円を渡してしまいました。

    今ならばこちらが警察に突き出したいくらいですが、あの頃の私はそれができず泣き寝入りしました…。

    (男性/自営業)

    支払い逃れをする同僚

    二次会やカラオケで絶対にお金を払わない同僚の話です。

    会社の飲み会では、毎回といっていいほど二次会でカラオケに行きます。
    みんなお酒はそんなに強くないですが、飲み会が好きなので二次会に行くときにはへべれけの状態です。

    しかし会計時になると、その同僚は必ずと言っていいほどトイレに行き、なかなか出てきません。
    会計が終わって店舗前でわいわいしゃべっている頃に、ようやくトイレから出てくるのです。


    出典:lamire
    社会人なのでお金にはしっかりしてほしいところです…。

    (男性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼