2022.9.09

「気をつけて帰ってね」幽霊から”やさしい一言”!?学校の階段の踊り場で起きた「不思議な出来事」

皆さんは不思議な体験をしたことはありますか…?原因がよくわからない何かに巻き込まれた、なんて経験した方も中にはいらっしゃるようです…。今回は実際に募集した「奇妙な体験エピソード」をご紹介します。

    優しい彼女の存在

    私が通っていた小学校はとても古く、今ほど安全面もうるさくなかったので、当時は階段の踊り場に大きな鏡が飾ってありました。
    その鏡は七不思議の1つで怖い噂がありましたが、噂程度という認識でした。

    ある日、夕方までクラブの活動をしていたので、帰りは1人で人気のない階段を降りていました。
    夕方といっても、まだ秋だったのでそんなに暗くなかったのですが…。

    階段にある窓から差し込む夕陽が鏡に反射して眩しくて、私は目を細めながら降りていました。
    そのとき、鏡の向こうになにかが見えたような気がして立ち止まると…。

    夕陽に照らされる大きな鏡。
    その中に映っていたのは、階段でも私でもありませんでした。

    鏡の中には、見覚えのない部屋…。
    私は怖くなって、その場に立ちすくみました。

    その部屋はとても古い部屋で、木の机が1つ置かれています。
    そこに、看護師さんのような女の人がいました。

    女の人は机に座り、熱心に何か書いています。
    ふと、その女の人がこちらを見ました。

    「幽霊!」私は最初、そう思って恐怖していましたが、彼女の顔を見た瞬間に恐怖は消え去りました。
    彼女はとても優しい顔で微笑んで「走って転んで怪我をしてはダメだからね。気をつけて帰ってね」と言いました。

    優しい声と、優しい顔…。
    私はなぜかとても嬉しくなり、「はい!」と返事をして帰宅しました。

    それから、夕陽が鏡を照らす日は鏡の前で待ってみましたが、2度と優しい顔の彼女に逢うことはできませんでした。
    夢か現実かわかりませんが、心温まる体験でした。

    (女性/自営業)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    不思議な出来事が偶然なのか、はたまた“何か別のもの”なのかはわかりませんが…。
    誰かが実際に体験した話には、何か奇妙な説得力がありますよね。

    以上、奇妙な体験エピソードでした。

    次回の「体験談エピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼