2022.9.07

【奇妙な話】「かえりたい」拾った狐の置物が、突然喋り出した!?→お稲荷様の社へ戻してあげると…“衝撃の展開”に!

皆さんは不思議な体験をしたことはありますか…?原因がよくわからない何かに巻き込まれた、なんて経験した方も中にはいらっしゃるようです…。今回は実際に募集した「奇妙な体験エピソード」をご紹介します。

    ちょっと変わった「ともだち」

    私は幼いころ、商店街のある町に住んでいました。
    商店街の中には、神社がありました。
    当時は祭りも盛んで、活気に溢れた神社でした。

    小学生くらいのとき、私は祖父母と神社のお祭りに行きました。
    幼い私にとって、神社は広大な遊び場のようでした。

    りんご飴が食べたくて、祖父母にお金を貰い、屋台に向かって歩いていくと…
    何かを蹴りました。

    何だろう?と見てみると、それは石を掘って作られた狐の置物のようなものでした。
    苔まみれで、割れていて、欠けています。

    私はその神社が大好きで、とくにお稲荷様が好きだったので、社に祀られたお稲荷様の姿に似ているぞ!と思いました。

    手で苔をはらっていると…「かえりたい」とその置物が喋りました。
    祭囃子がうるさいのに、頭の中にハッキリと聞こえる声でした。

    私はその置物を持って、お稲荷様の社に向かいました。
    いつも開けてあったので、そこに並べて置きました。

    「ありがとう、〇〇ちゃん」
    なぜ、私の名前を知っているのか不思議でしたが、置物は満足そうでした。

    「ずっとかえりたかったから、ありがと。お礼に、これから、ともだち」

    置物はそれから喋らなくなりました。
    あれ以来、霊感がある方から、私のそばに狐のような姿が見えると言われることがあります。

    ときどき、助けてくれているらしいです。
    ちょっとヘンテコな、ともだちができた体験です。
    (女性/自営業)

    キッチンにいた女性

    私が生まれ育った家でのこと。
    小学校4年生の頃、お茶の間でみかんを食べたあと、汚れた手をキッチンで洗っていました。

    すると、隣に誰かが来たので、姉だと思ったわたしは「お姉ちゃんも手を洗うの?」と話しかけました。

    そこには見知らぬ20代くらいの女性が立っていました。

    出典:lamire
    ビックリした私は声も出せずに茶の間へ逃げました。

    その後引っ越し、数十年後、母に「前の家は何か嫌だったね。とくにキッチンは本当に気持ちが悪かった。よくお母さんは女の人を見かけたわ」と言われました。
    「私も見たよ。髪の長い悲しそうな顔をした若い女性じゃない?」と聞くと、「そうそう。その人よ。」と…。

    ゾッとしました。
    (女性/フリーター)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    不思議な出来事が偶然なのか、はたまた“何か別のもの”なのかはわかりませんが…。
    誰かが実際に体験した話には、何か奇妙な説得力がありますよね。

    以上、奇妙な体験エピソードでした。

    次回の「体験談エピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼