2022.9.05

【大失態】パチンコで当たりが止まらず、仮病を使って会社に遅刻の連絡を入れた僕。→その後“まさかの相手”に誤爆し大ピンチに!

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

    デート後のお礼LINEを…

    社会人になってすぐの話です。
    当時、2人の男性と仲良くしていました。

    Aくんは友達からの紹介で出会い、Bくんは街で声を掛けられてLINEを交換しました。
    どちらとも何度かデートをして、今後付き合うとしたらBくんがいいかな、などと考えていました。

    Bくんとデートした夜、「今日はありがとう。また◯◯(お店の名前)一緒に行こうね!」と送信すると…。

    しばらくして、Aくんから「俺以外にも遊びに行く男がいるんだね」とLINEが来ました。
    送り先を間違えていたようで、怒りのLINEが…。

    出典:lamire
    送り先はよく確認しないとダメですね。
    (女性/会社員)

    友達に送るつもりが…

    仕事前にパチンコをしていたところ、当たりが止まらず出社の時間に。
    どうしても打ち続けたかった僕は、会社に「体調が悪く、病院に行ってからいく」と電話で伝えた後、友達に「パチンコで連チャンが止まらないから代わりに打ってくれないか?」とLINE。

    しかし送信先はまさかの会社の上司…最悪の誤爆…。

    気付いたときにはすでに既読でした。
    平謝りしました。
    (男性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが皆さん結構な頻度でやってしまっている様子。
    宛先確認はしっかりしましょうね。

    以上、LINEトラブルエピソードでした。

    次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼