2022.9.05

「ひとりぼっちの私はいいカモだった…?」友達がいない私に近づいてきた彼女。→“衝撃の狙い”に唖然…<金銭トラブル>

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    ひとりぼっちの私はいいカモだった…?

    高校時代、塾に通っていたときの話です。
    私が通っていたのは、街の中心部にある大手塾でした。

    さまざまな高校から生徒が集まっていたのですが、入塾時期が遅かったため、なかなか塾友達ができませんでした。

    ある日、授業で隣の席になったA子と仲良くなりました。
    塾友達ができたことが嬉しかった私は、塾でだけでなく、休日や平日の学校帰りにもA子に会うようになり、一緒にファミレスで勉強したり、休憩がてら街中のカフェに行くようになりました。

    最初は一緒にいて楽しかったのですが、夏休みを過ぎたあたりからA子が財布を忘れる回数が増えていきました。
    はじめのうちは、「仕方ないなー、ちゃんと返してよー」と言いつつ代わりに私が出しており、A子も後日ちゃんと返してくれていました。

    ですが次第に返すのが遅れはじめ、ついには全く返さなくなりました。

    出典:lamire
    あとあと知ったのですが、A子は「財布をわざと忘れる、お金を借りても返さない」ことで有名だったみたいです。
    ひとりぼっちだった私はA子のいいカモにされたようです。
    (女性/学生)

    飲み食いした挙句…

    ある日、高校の女友達からカラオケボックスに誘われました。
    彼女はたくさんのドリンクやサイドメニューを注文し、ひとりで食べていました。

    帰り際に、会計しようとすると、その女友達の様子がどうもおかしく…。
    聞いてみると、お金を持ってきていないとのこと…。

    誘っておいてさんざん食べた挙句にこれとは…。
    それ以降距離を置くようになりました。
    (男性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼