2022.9.02

電車で女性に席を譲るも「そこまで年老いてない!」と激怒!→とっさの一言で”態度急変”→よかった…。

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    マウントしたくせに…

    事務の雑用で打ち込みの仕事が私と同僚に回ってきました。
    すると同僚が「◯◯さん(私のこと)は作業が遅いから残業かもしれないですね」といきなりマウント…!
    私はなにも言い返さず、黙々と作業をして定時で終わらせることができました。

    しかし同僚はまだ終わっていなかったのです!
    手伝ってあげようかと思ったのですが、残業は嫌なのでそのまま帰宅することに。

    作業が遅いのはどっちか、実力で見せつけてやりました。
    その後、同僚は「あのときなんで手伝ってくれなかったの?」と泣き言を言いましたが、マウント発言って言った方は覚えていないものなんですね。

    (女性/会社員)

    「レディーファーストです」

    ある日電車に乗っていたときの話です。
    平日の夜、大学終わりに電車に乗っていたところ、杖をついた女性が乗ってきました。

    電車自体はそこまで混み合っていないものの、座席は空いていなかったので、私は「よかったら座ってください」と席を譲ると…。
    「私はそこまで年老いてない!バカにしてるのか!」と、車内に響き渡るほど大きな声で怒られてしまいました。


    出典:lamire
    いきなり怒鳴られた私は一瞬パニックになりましたが、とっさに「いや、レディーファーストです」と答えました。
    するとさっきまで怒っていた女性は少し照れ笑いをしながら「そう?じゃあお言葉に甘えて」と機嫌よさそうに座りました。

    パニックから一転して、奇跡的に出た言葉で難を逃れることができました。

    (男性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼